• 看護部紹介
  • 看護部長からのあいさつ

看護部長からのあいさつ

慶應看護の発展、未来の看護に向かって
一緒に歩みましょう。

当院は2018年に新病院棟がオープンし、患者さんに優しく、教職員にとっても働きやすい環境が整いました。2020年には病院開院100年を迎えます。開院に先立って開始された看護教育も2018年に100年を迎えました。看護部は、今後も大学病院の使命である医療・教育・研究の発展のために研鑽を続けていきます。そのために看護部では、「慶應看護師の発達モデル」と「キャリアパス」を活用し、「自ら考え行動し、専門職業人として自己を高めること」のできる人材、そして高度先進医療の現場で活躍できる自律したジェネラリスト・ナースを育成します。
当院は、高度急性期医療の提供に加えて、臨床研究中核病院であり、がんゲノム医療中核拠点病院でもあります。また、AIの活用、再生医療の提供と病院機能がここ数年で急速に拡大し、大きな転換期を迎えようとしています。患者さんのQOLを高めることを目的とした、ベッドサイドでのケアの質の向上という、看護本来の役割をより高められるよう努めながらも、一方で多様な変化にも柔軟に対応していくことが看護師には求められています。
時代の変化、病院機能の変化に対応しつつ、医療を受ける方々、患者さん中心の看護が提供できる看護部を一緒に構築していきましょう。未来の看護を切り拓くために、皆様の若い力を求めています。

慶應義塾大学病院 看護部長 加藤

慶應義塾大学病院
看護部長

加藤 恵里子

Copyright © Keio University. All rights reserved.本サイト掲載文章および写真の無断転載を禁じます。