• 教育支援体制の紹介
  • 学習環境

学習環境

発達を支援するシステム

看護師の発達を支援するシステムは、(1)育成(2)評価(3)処遇の3つの要素と、それを支える(1)フィードバック(2)支持・支援(サポート)(3)教育・相談の3つの機能から構成されます。

看護はまさに実践の学であり、日々の実践を通して多くを学び、成長していきます。どの職場に配属されても、急性期の看護実践を学ぶことができることが、当院の強みのひとつといえるでしょう。新人看護師の教育は到達目標をあげ、現場教育(OJT)と院内集合教育(Off-JT)とを連動して支援しています。

(1)育成

個の経験の内容を重視し、経験年数ではなく個別の能力を尊重し、それに見合った目標の設定や、学習計画・支援を行います。

(2)評価

自己評価と他者評価(同僚、主任・師長、看護部)の2つの方向から評価を行っています。ここで言う評価とは、優劣を査定するものではなく個々の看護師が主体的に自己の成長発達を促すためのものです。そのためには、評価のプロセスの中で、フィードバックという機能が重要となります。評価することは、評価のプロセスを通して共に育ちあうことを意味し、フィードバックの目的は個々の看護師の成長発達度をみるものです。

自己目標・学習計画シート

成長・発達のための行動目標のツールとして自己目標・学習計画シートがあります。
自分で学習計画を立て、その目標に対して自らが行った学習の内容と成果を自己評価し、同僚や上司から他者評価を受けます。多面的に成長発達を認め、承認するプロセスを通じて、成長を実感していくのです。

ポートフォリオ

2010年から、看護部ではポートフォリオを導入しました。
日々の実践を貴重な「経験」として、目で見える形に表現していけるように。
受講した研修を、自分の実績として積み重ねていけるように。
キャリアを見える形で蓄積していくことで、自分の強みに気がつくこと、これから先のキャリアを考える材料にできることを目指しています。

ポートフォリオ
(3)処遇

個々の看護師のキャリア形成を前提に現任教育の受講時期の決定や各種研修(海外研修・認定看護師研修学校など)の派遣選定、ジョブ・ローテーションが計画的に行われます。

プリセプターシップ

入職して1年間は、プリセプターシップを活用しています。プリセプターは、基本的な技術の指導や精神的なサポートを中心に担います。期間を決めて各自が目標設定を行い、その目標の到達に向かって、プリセプターとともにステップアップしていきます。また、それはプリセプターのみでなく、チームメンバーとも 共有していきます。

新人看護師を一番近くで支えています

Sさん

当院ではプリセプターシップが導入されています。プリセプター研修を受けた看護師が、臨床の場で医療や看護の知識と技術を学べるように支援を行います。またプリセプターは、新人看護師の身体的、精神的な苦労を共有できる立場となっています。
私がプリセプターとして心がけていることは、患者さんが安全に療養できる環境を維持することと、根拠に基づいた実践を行うことを、新人看護師が理解し、行動に移せるように関わることです。また、急性期病院として高い臨床実践能力を求められており、フィジカルアセスメントを始め、ジェネラリスト・ナースの土台を構築していく1年間を支援することがプリセプターに求められる役割の一つであると考え、日々業務での振り返りを行っています。

Sさん
プリセプターシップ

指導に主体的に関わるのはプリセプターですが、全ての行動を確認することは困難です。また、成長過程にも差があり、プリセプターが責任を感じることも少なくないと思います。
当院では病棟全体で、新人看護師の指導にあたり、考え方や行動の傾向を共有し教育の方向性を見出していけるように支援をしています。
患者さんの看護を行う上で、生命や安全に繋がる部分に対してはしっかりと指導を行い、新人看護師の頑張りを認めつつ、課題を抱えている時には一番近くで支援できる存在でありたいと思っています。

日々の実践のサポート

日々の実践は、シフトのリーダーを中心にメンバーで協力し合い看護を提供し、(「慶應チームナーシング」を参照)看護の質を保証しています。新人看護師の指導はプリセプターだけでなく、シフトのチームリーダーも指導にあたり、困ったときには相談を受けられるサポート体制となっています。このように、チーム全体で新しい仲間を支援する体制が構築されています。

日々の実践のサポート

学び合う風土

医療の世界は日進月歩です。常に知識や技術が更新されていきます。学習する機会は、様々です。病棟での医師との学習会や専門看護師・認定看護師の主催による院内の研修等も毎年多く企画されています(「看護専門領域研修一覧」を参照)。専門職業人として、患者さんへの最良の医療の提供を目指して学び続けることができます。

学び合う風土

信濃町メディアセンター(北里記念医学図書館)

わからないことを調べたり、情報を集めたりするのに欠かせない存在がこの信濃町メディアセンターです。蔵書は医学とその周辺領域からなっていて、医学関連の専門図書館として日本のトップグループに位置しています。平日は21時まで、土日は18時まで開館しているので皆さんの先輩方もよく利用しています。病院建物 の西側に位置し、2階には北里講堂があります。

信濃町メディアセンター(北里記念医学図書館)

クリニカル・シミュレーション・ラボ

慶應義塾大学医学部クリニカル・シミュレーション・ラボでは、医学部生、研修医、看護師そのほかメディカル・スタッフの方 が随時トレーニングを行えるよう、様々なシミュレーション機器を取りそろえています。また、専任者がBLS、二次救命処置等のトレーニングを実施しています。看護師も、静脈注射や救急蘇生訓練などに活用しています。病院建物の北側、東校舎1階にあります。

クリニカル・シミュレーション・ラボ

eラーニング

通勤時や自宅でも学習ができるよう、iPod®による教材の貸出しを行っています。看護技術やフィジカルアセスメントなどの視聴による学習が可能です。また、臨床で必要な標準的な看護手順、検査手順などは各部署の電子カルテ用パソコンに掲載されています。初めて行う看護技術や診療の補助などが予定外に入ったときなども、部署のパソコンですぐに確認することができます。さらに、院内で開催される感染対策講習会や安全対策セミナーも電子カルテで視聴することができます。

eラーニング
iPod®利用者のコメント

当院ではiPod®を使用して看護技術やフィジカルアセスメントの自己学習ができます。フィジカルアセスメントの実際の動画や、呼吸の異常音を聴取することでイメージしやすく、よりリアルに知識・技術を学ぶことができ、現場での予習・復習に役立ちます。さらにiPod®で学んだ内容をクリニカル・シミュレーション・ラボを活用して、インストラクターに指導してもらい実際に行うことで確実に知識や技術を身につけることができます。

iPod利用者のコメント

慶應義塾生協(信濃町店)

文房具、医療・看護の専門誌がそろっています。書籍は生協組合員になると割引で購入できます。
病院建物の西側、メディアセンターの斜め前にあります。

Copyright © Keio University. All rights reserved.本サイト掲載文章および写真の無断転載を禁じます。