教育体制の紹介
  • 子育て支援ネットワーク
  • 看護・人材育成ネットワーク
  • 看護部TOPICS
  • 臨時職員採用情報
  • 病院周辺マップ
  • ジェネラリスト・ナースの発達モデル
スマートフォンサイトQRコード

学習環境

発達を支援するシステム

看護師の発達を支援するシステムは、(1)育成(2)評価(3)処遇の3つの要素と、それを支える(1)フィードバック(2)支持・支援(サポート)(3)教育・相談の3つの機能から構成されます。

(1)育成
個の経験の内容を重視し、経験年数ではなく個別の能力を尊重し、それに見合った目標の設定や、学習計画・支援を行います。
個の能力・個の教育ニーズにあった教育、相談、指導が行われています。
(2)評価
自己評価と他者評価(同僚、主任・師長、看護部)の2つの方向から評価を行っています。個々の看護師は「評価される」ことではなく、「評価の結果に自分がどう主体的に関わるか」であり、「評価する」側も「評価の結果からさらに成長へと導くためのサポートをすること」が、評価の主要な部分となっています。
自己目標・学習計画シート
成長・発達のための行動目標のツールとして自己目標・学習計画シートがあります。
自分で学習計画を立て、その目標に対して自らが行った学習の内容と成果に対して、自己評価し、同僚や上司からの他者評価を受けます。多面的に成長発達を認め、承認するプロセスを通じて、成長を実感していくのです。
ポートフォリオ
ポートフォリオ2010年から、看護部ではポートフォリオを導入しました。
日々の実践を貴重な「経験」として、目で見える形に表現していけるように。
受講した研修を、自分の実績として積み重ねていけるように。
キャリアを見える形で蓄積していくことで、自分の強みに気がつくこと、これから先のキャリアを考える材料にできることを目指しています。
(3)処遇
上記の評価から現任教育の受講時期の決定や各種研修の派遣選定、また看護師個人のキャリア形成を前提としたジョブローテーション等

看護はまさに実践の学であり、日々の実践を通して多くを学び、成長していきます。
どの職場に配属されても、急性期の看護実践を学ぶことができることが、当院の強みのひとつといえるでしょう。新人看護師の教育は到達目標をあげ、現場教育(OJT)と院内集合教育(Off-JT)とを連動して支援しています。

プリセプターシップ

入職して1年間は、プリセプターシップを活用しています。プリセプターは、基本的な技術の指導や精神的なサポートを中心に担います。期間を決めて各自が目標設定を行い、その目標への到達に向かって、プリセプターとともにステップアップしていきます。また、それはプリセプターのみでなく、チームメンバーとも共有していきます。

藤田奈那実/小児病棟/2012年入職

新人看護師と看護師発達モデルⅡの看護師が1対1でパートナーとなるプリセプター制度では、不安でいっぱいの新人看護師の知識や技術の獲得支援に加え、心理的サポートを行いながら1年を通して支援していきます。私自身、プリセプターとしての役割を担うことで、知識や技術を再度学習し、自分自身のコミュニケーションを見直しながら多くのことを学ばせてもらっています。
プリセプターは新人の入職前から、事前に新人指導に関する集合教育を受けます。入職して新しい環境で陥りやすい新人の傾向や、やる気を引き出す効果的な支援方法等を、講義とグループワークによる実践を重ね、新人を迎え入れる準備をします。毎年病棟でも新人指導プログラムや看護技術マニュアルの見直しを行い、新人が安心して成長できるような体制をつくります。私もこのように先輩たちに育ててもらったのだと思うと、同じように後輩たちへ引き継ぐことができるようにと気持ちが引き締まりました。
現在、新採用者が入職して半年経過しましたが、思い描いていた指導や関わりを行うことは難しいと実感しています。私の担当しているプリセプティーは素直で明るく、患者さんへも笑顔で対応し、わからないことは積極的に聞いてくれます。しかし、患者さんの安全を確保しながら、彼女らしい看護を身に付けられるように支援していきたいと思う反面、私自身に余裕がなく、一方的に私の考えを伝えてしまうこともありました。
そんな悩みを抱えていたとき、他病棟のプリセプター同士が抱える悩みや後輩指導を見直すための集合研修を受けました。プリセプティーの思いや考えを聞きだそうとしていなかった自身の行動を振り時間をかけてプリセプティーと話し合ったことで、新たな課題や成長を見つけることができました。
今後もプリセプティーと共に悩み、一緒に問題解決へと取り組んでいきたいと思います。そしてプリセプティーが1年後に「看護職を選んでよかった」と思えるような、心に残る看護体験を積み重ねられるよう支援していきたいです。

日々の実践のサポート

日々の実践は、そのシフトのリーダーを中心にメンバーで協力し合い看護を提供します(「慶應チームナーシング」を参照)。シフトのチームリーダーを中心として、患者さんに提供する看護の質を保証しています。
新人看護師の指導はプリセプターだけでなく、シフトのチームリーダーも指導にあたります。困ったときには相談を受けられるサポート体制となっています。このように、チーム全体で新しい仲間を支援する体制が構築されています。

慶應_研修計画

学び合う風土

医療の世界は日進月歩です。常に知識や技術が更新されていきます。学習する機会は、さまざまです。病棟での医師との学習会や専門看護師・認定看護師の主催による院内の研修等も毎年多く企画されています(「専門領域看護の研修一覧」を参照)。専門職業人として、患者さんへの最良の医療の提供を目指して学び続けることができます。

信濃町メディアセンター(北里記念医学図書館)

わからないことを調べたり、情報を集めたりするのに欠かせない存在がこのメディアセンターです。蔵書は医学とその周辺領域からなっていて、医学関連の専門図書館として日本のトップグループに位置しています。平日は21時まで、土日は18時まで開館しているので皆さんの先輩方もよく利用しています。病院建物の西側に位置し、2階には北里講堂があります。

北里記念医学図書館

クリニカル・シミュレーション・ラボ

慶應義塾大学医学部クリニカル・シミュレーション・ラボは、2003年8月に開設されました。医学部生、研修医、看護師そのほかメディカル・スタッフの方が随時トレーニングを行えるよう、さまざまなシミュレーション機器を取りそろえています。また、専任者がBLS、二次救命処置等のトレーニングを実施しています。看護師も、静脈注射や救急蘇生訓練などに活用しています。病院建物の北側、東校舎1階にあります。

トレーニング風景

eラーニング

通勤時や自宅でも学習ができるよう、iPod®による教材の貸出しを行っています。看護技術やフィジカルアセスメントなどの視聴による学習が可能です。また、臨床で必要な標準的な看護手順、検査手順などは各部署の電子カルテ用パソコンに掲載されています。初めて行う看護技術や診療の補助などが予定外に入ったときなども、部署のパソコンですぐに確認することができます。さらに、院内で開催される感染対策講習会や安全対策セミナーも電子カルテで視聴することができます。

iPod®利用者のコメント

髙橋 良/消化器クラスター病棟/2013年入職

当院ではiPod®を使用して看護技術やフィジカルアセスメントの自己学習ができます。フィジカルアセスメントの実際の動画や、呼吸の異常音を聴取することでイメージしやすく、よりリアルに知識・技術を学ぶことができ、現場での予習・復習に役立ちます。
さらにiPod®で学んだ内容をクリニカル・シミュレーション・ラボを活用して、インストラクターに指導してもらい実際に行うことで確実に知識や技術を身につけることができます。

慶應義塾生協(信濃町店)

文房具、医療・看護の専門誌がそろっています。書籍は生協組合員になると割引で購入できます。病院建物の西側、メディアセンターの斜め前にあります。

慶應義塾生協(信濃町店)

看護専門領域研修

看護専門領域の看護師がそれぞれの分野において、院内の全看護師を対象に研修を行っています。ジェネラリストナースとして、いかなる領域・対象においても必要な看護を実践できる能力はもちろん、専門分野において高度な看護を実践できる能力を養うことも可能な研修プログラムを計画・実施しています。

自己学習のための充実した専門領域研修

大崎陽子/神経・リウマチ・腎内代内科病棟/2013年入職

3年目となりリーダーをやり始めた私ですが、患者さんの急変の経験が少なく、急変時にどのように行動すれば良いのか日頃最も不安に感じていることでした。そのため急変時の対応についてのスキルを身に付けたいと思い、救急看護研修に参加しました。研修ではシナリオ演習を通して危険な兆候に気づくための知識や観察の手順を学ぶことができました。通常は医師が行う気管内挿管や電気ショックなどを経験できたことで、実施者に対しての円滑な介助方法を知ることができました。
また自分よりも若いメンバーを統率していく上で自信を持ちたいと思い、所属する病棟の特徴から介入する機会の多い退院支援の研修に参加しました。介護保険や障害福祉サービスなど基本的な社会資源の知識に加え、退院までのプロセスに沿った情報収集や介入、連携方法についても学ぶことができました。他にも、外部業者により院内で開催された人工呼吸器のハンズオンセミナーに参加しました。色々な種類の機器や物品に触れたことや、呼吸器を装着した患者さんの感覚を疑似体験できたことは貴重な経験でした。成長を目指す看護師にとって、このように様々な研修が用意されていることはとても魅力的です。今後も専門的な研修に参加し、知識と経験を積んで看護実践に活かしていきたいです。

◆看護専門領域研修一覧(2015年度)◆◆

領域 研修内容
皮膚・排泄ケア 褥瘡ケア院内セミナー 第1回 褥瘡のでき方・治り方
褥瘡ケア院内セミナー 第2回 褥瘡ケア
褥瘡ケア院内セミナー 第3回 リハビリテーション科から
見た褥瘡予防/褥瘡における栄養管理
褥瘡ケア院内セミナー 第4回 褥瘡の治し方
褥瘡ケアフォローアップ研修
急性期ケア 第1回 急性期ケアのためのフィジカルアセスメント
第2回 急性期患者の呼吸ケア①呼吸療法
第3回 急性期患者の呼吸ケア②感染予防
第4回 急性期患者の廃用を防ぐリハビリテーション①嚥下
第5回 急性期患者の廃用を防ぐリハビリテーション①運動療法
第6回 急性期患者の呼吸ケア④気道浄化
第7回 急性期患者の呼吸ケア⑤人工呼吸
第8回 急性期患者の栄養
第9回 急性期患者の精神・認知面
第10回 急性期ケア統合編
救急看護 「救命の連鎖を学ぶ」①
「救命の連鎖を学ぶ」②
「救命の連鎖を学ぶ」③
「急変時の対応」
がん看護研修 <基礎編>

第1回 がん看護総論

第2回 がん化学療法看護の基礎知識

第3回 がん化学療法に伴う有害事象(口腔粘膜炎、皮膚障害、悪心)に対する看護

第4回 乳がんの治療と看護

第5回 緩和ケア① がんに伴う身体症状について~呼吸困難・倦怠感の看護を学ぼう!

第6回 緩和ケア② がんに伴う身体症状について~がん疼痛看護の基礎を学ぼう!

第7回 親ががんであることを子供に伝え、支えることについて

第8回 放射線療法看護

<応用編> 第1回 がん患者とのコミュニケーション
第2回 支えよう!がん患者の意思決定
第3回 事例検討
老人看護 認知症を持つ患者の看護
急性重症患者看護・老人・精神看護 せん妄概論
せん妄予防の看護・せん妄発生時の看護
仮想事例を用いてせん妄発症リスク、発生時の看護を理解しよう
ロールプレイングをしながらせん妄のアセスメント、ケアを実践しよう
精神看護 身体疾患を持つ患者さんの精神症状を診る、見る、看る 基礎編
身体疾患を持つ患者さんの精神症状を診る、見る、看る アドバンス編
手術看護 手術看護研修①
手術看護研修②
透析看護・糖尿病看護・心不全看護 糖尿病の基礎知識を身につけよう
慢性腎臓病と慢性心不全の生活調整について
腹膜透析バッグ交換指導を身につけよう
血液浄化の基本を知ろう
透析患者の理解と看護
退院調整 退院支援基礎講習①
退院支援基礎講習②
退院支援実践コース①
退院支援実践コース②
退院支援実践コース③
感染管理 標準予防策
感染から身を守ろう
感染症治療の基本 ‐主要な医療関連感染微生物‐
感染経路別予防策
医療関連感染を防ごう
集中ケア
新生児
新生児の体温管理 基礎編
新生児の体温管理 応用編