子育て支援ネットワーク

2018年度第1回子育て支援ネットワークミーティング

2018.10.30

10292018年度第1回子育て支援ネットワークミーティングを開催しました。

復職者、産休育休者、妊娠中の31名の方たちが集まり、お互いに情報交換や悩みの相談をする場となりました。

今回は復職して短時間勤務制度を利用しながら夜勤を行っている方、また子育てをしながら研修を受けている方のお話を伺いました。

夜勤をするための準備やメリット、研修を受けるきっかけや、子育てと両立するための工夫など具体的なお話を聞くことができて参加した皆さんも復職後の働くイメージができたようでした。

また人事次長からは現在の新病院棟のこと、これからの慶應病院のことについてお話もあり新しい病院棟での看護にワクワクした方も多かったのではないでしょうか。

次回は来年2月に開催予定です。

 

 

 

平成29年度 第2回 子育て支援ネットワークミーティング

2018.03.01

 

平成29年度第2回子育て支援ネットワークミーティングを開催しました

 

 2714時より、妊娠中の方、ママナース、パパナースが集い、第2回子育て支援ネットワークミーティングを行いました。

今回は、春に復職を予定している方も多く参加してくださいました。すでに復職している2人のママナースの経験談では、仕事を始めるにあたっての不安解消方法や仕事と家庭の両立に悩みながらも工夫していること、頑張っていること、活用できる社会資源などのお話がありました。その後のディスカッションでは、お互いに情報共有し、励ましあう場面も見られました。

 病院からの情報提供としては、5月に開設となる新病院棟の紹介、働き方について人事委員会の師長から説明がありました。参加された皆さんからは、「参加してよかった、今後も継続して欲しい。」「病院の現状が聞けて不安が軽減された。」「子育ての悩みを共有でき、励まされた。」などの声が聞かれました。

 

 

 

 

平成29年度 第1回 子育て支援ネットワークミーティング

2017.10.19

平成29104日(水)子育て支援ネットワークミーティングを開催しました。

 今回は、看護師、臨床検査技師など多くは4月の復職に向けて準備を進めている育児休職中の方や妊娠中の方、すでに復職されている方を含め、合計26名が参加されました。

 短時間制度を利用して2人の子育てをしながらHCUで働く看護師と、専門看護師としてのキャリアを生かして活躍している看護師に、保育園入所活動や、利用している社会資源などの体験談を語っていただきました。その後は4グループに分かれてディスカッションを行い、育児と仕事の両立のコツ、自治体ごとの情報、自分自身のストレス対処法など活発な意見交換がされていました。また、人事次長から病院の近況などが伝えられ、復職後の働く姿をイメージしていただいたようでした。

 アンケートでは「短時間勤務や社会資源など活用できるものがあるとわかった」「育児と仕事の両立の工夫が参考になった」「病院の現状が知れてよかった」「家族のサポートの得かたが見えた」などの意見が聞かれました。

 

 

平成28年度 第2回 子育て支援ネットワークミーティング

2017.02.15

平成29年2月15日(水)子育て支援ネットワークミーティングを開催しました。

参加者は、看護師、管理栄養士、臨床検査技師、薬剤師など合計41名でした。

今回の参加者の多くは4月に復職予定であったことから復職後の働く姿をイメージしてもらうために、新病院棟建設の進捗状況の報告や、復職した後の働き方の紹介として、短時間制度を利用して日勤をしながら夜勤も行っている看護師と短時間制度を利用しながら副主任として研修にも参加している看護師に体験談を語ってもらいました。その後は4グループに分かれてディスカッションを行い、育児と仕事の両立のコツ、自分自身のストレス対処法など活発な意見交換がされていました。

 

職種に関わらず慶應病院で働く職員が育児をしていてもキャリアビジョンを描きながら活き活きと働き続けるための一助となるよう、今後はパパの参加も積極的に呼びかけるなど企画をしていきたいと思います。次回は10月開催予定です。

平成28年度 第1回 子育て支援ネットワークミーティング

2016.11.01

 平成28年10月31日(金)子育て支援ネットワークミーティングを開催しました。
 今回は、看護師、管理栄養士、理学療法士の合計26名(内訳:妊娠中5名、育児休職中12名、復職者9名)が参加して下さいました。
 4月に復職を考えている人たちは、10月が保育園の申し込み時期とあって「何を優先して保育園を選んだか」「待機児童が多い地域なので本当に保育園に入れるか不安」「病児保育は登録したが近隣に頼れる親族がいないので子供が病気になった時のサポートが心配」など保育園に関する相談や、短時間勤務を申請している人はどのような働き方をしているのか、保育園の送迎とのバランスなど具体的な情報交換をしていました。約1時間のディスカッションでしたが「同じような経験をしているママと話をすることで不安が軽減できた」という声も聞かれ、有意義な時間となったようです。
 子育て期間中は仕事との両立に悩むことも多いと思いますが、専門職業人として育児をしながらもそのキャリアをうまく積み上げられるよう、これからも時代のニーズに合った支援を考えていきたいと思っています。次回は2月に開催予定です。

Copyright © Keio University. All rights reserved.本サイト掲載文章および写真の無断転載を禁じます。