• 先輩紹介
  • 新人看護師座談会

新人看護師座談会

座談会メンバー

Tさん

Aさん

消化器内科

久留米大学卒業

Bさん

Bさん

整形外科、リウマチ・膠原病内科

上智大学卒業

Cさん

Cさん

手術・血管造影センター

慶應義塾大学卒業

Dさん

Dさん

小児科・小児外科

岩手県立大学卒業

チーム全員で患者さんに向き合い、看護のレベルを高める病院
Cさん
「私は出身大学が慶應で実習も当院で行いました。チームナーシングの意識が驚くほど高く、一人の患者さんの看護方針を決めるにあたって、チームでディスカッションしていたのが印象的でした。ミーティングに参加したスタッフが経験年数にかかわらず積極的に意見交換し、チーム全員で患者さんに向き合い、より良い看護を提供できるよう努めている姿は当時の私にとっては衝撃的でした。チームナーシングの魅力を感じたと同時にここでなら、看護師としてのベースをしっかり作れると思い、入職を決めました。」
Dさん
「私は幼い頃に大きな病気に罹り、入院したことがあります。その時、寂しかった私を看護師さんが次々に訪ねてきてくれたおかげで、とても心が軽くなりました。同じような状況にある子供たちのケアをしたいと思い、小児科の看護師を志しました。どんな病気のどんな子供でもケアできるように、一刻も早く成長できる環境を探していた私にとって、最先端医療に触れる機会の多い当院は最高の環境だと思ったことが、入職の決め手になりました」
Bさん
「インターンシップで当院を見学させていただいた時に、人を育てるということに力を入れている病院だと感じました。研修をはじめとした教育体制が整っているだけでなく、先輩との距離も近く、聞きたいことをすぐに聞くことができる環境がありました。実際に、インターンシップで一日同行させていただいた先輩とも一緒に昼食を食べながらプライベートの話をすることができ自分が働くイメージが湧いたので、ここなら安心して働けると思いました」
Aさん
「私が入職を決めた一番の理由は、研修プログラムの柔軟さです。年次ごとに皆が一律の研修を受けるのではなく、一人ひとりの習熟度に合わせた研修プログラムが用意されています。一人ひとりの看護師のことをよく見て、考えてくれている病院だと感じられたことが入職理由の一つです。また自分のペースで一歩ずつ成長していけるという点が、私の性格に合っていると思いました」
先輩看護師のサポートや新しい施設、仕組みが看護師の仕事を全力でサポート
Dさん
「チームの先輩に助けてもらいながら働いていると感じています。特に心強いのが、プリセプター制度です。担当のプリセプターは、私の習熟度や性格を理解した上でサポートしてくれるので、とてもありがたいです。丁寧なサポートだけでなく、スキルも高く、患者さんへ優しく的確に対応していて尊敬しています。モデルになる素晴らしい先輩が身近にいるので、モチベーションを高く保ちながら働くことができています」
Bさん
「私もDさんと同じように感じています。さまざまな先輩看護師に指導を受けることで、どんどん自分のできることが増えていっていると思います。入職する前から特定の先輩の下について教えてもらうプリセプター制度については知っていましたが、実際はプリセプター以外の先輩看護師もとても手厚く指導してくれ、新人看護師をチーム全体でサポートしてくれています」
Aさん
「先輩方は皆優しく笑顔でとても楽しそうに働いている人が多いなと感じています。本当に患者さんのことを考えているからこそ、自分のことのように快方を喜べて、こうしたらもっと良くなると考えることが楽しいのだと思います」
Cさん
「私はプリセプターという制度だけではなく、後輩を育成しようという思いが強い先輩看護師が多いと感じました。私が勤務している手術センターでは、プリセプター以外の先輩看護師も、私のスキルや課題を把握し、顔をあわせる度に声をかけてくれます。先輩看護師によって指導の視点もさまざまで、多くの先輩看護師が相談に乗ってくれることで視野が広がっていると感じています。また、調べたいことや勉強したい時にはメディアセンターを自由に利用でき、ほっと一息つきたい時には院内にあるスターバックスを気軽に利用することができるので、仕事のモチベーションを保ちやすい環境が整っていると思います」
Dさん
「Cさんのいうとおり、2018年の5月に新病院棟がオープンし、各病棟の病床が新しくなっただけでなく、医療者がより活動しやすい導線となったことも魅力のひとつですね。マニュアル類も整備され、看護業務や設備・運用も標準化され、とても働きやすくなったと感じています」
Bさん

一年目の教育をプリセプターに任せきりにせず、多くの先輩看護師が相談に乗ってくれることで視野が広がっています。

研修を受けて終わりではなく、身につくまでフォローする体制がある
Dさん
「研修後のフォローが手厚いのは当院の特徴かもしれませんね。私が研修で学んだ病態や治療の勉強を復習している時や学んだ内容を実践している時も先輩看護師がサポートしてくれて、細やかなフィードバックをもらえるので、研修を受けて終わりではなく、臨床の場で自分のスキルとして身に付けることができていると思います」
Cさん
「Dさんのいうとおり、フォローも含めて、本当によく考えて研修を組んでくれていると感じます。それぞれの研修の実施時期も、ちょうどそのテーマに困り始めた時期に合わせてくれているので、最適なタイミングで学べています。特に印象的だったのは、一人でME機器に触り始めて、心電図の読み方を覚えるのに苦労していた時期に、ちょうど研修があって『まさに今の私のための研修だ』と思いました。また、研修前にiPodがひとり1台貸し出しされ、フィジカルアセスメントの実際の動画や呼吸の異常音など、映像と音で自分の好きな時間に予習や復習ができ、非常に助かりました。自分の空いている時間に学習できる環境も整っていると思います」
Bさん
「私が一番嬉しいと思った研修は、『リフレッシュサタディ研修』ですね。この研修は同期が集まって、スポーツ(卓球大会)をしてストレスを発散するというものです。同期は100人以上いてなかなか他の部署の同期と顔を合わせることも少ないので、久しぶりに集まり、日頃の仕事の話や悩みなどを話しながら楽しく身体を動かすことができました。この研修もちょうど、慣れない仕事での疲れが溜まり始めた時期だったので、いいタイミングでした」
Aさん
「入職するまでは、実は、心のどこかで研修はあくまで勉強で、実際の業務と切り離して考えている部分がありました。特にBLS研修という急変時の研修を受けた時には、知識として知っておく必要はあるけれど、活用する機会があるとは思っていませんでした。ところが、まだ入職して半年ですが、心臓マッサージの現場に立ち会う機会があり研修の必要性を実感しました。常に実際の業務をイメージし、研修で学んだ知識や技術を活かせるよう学習を重ねていきたいと思います」
Cさん

常に実際の業務をイメージし、研修で学んだ知識や技術を活かしていきたいと思います。

患者さんの言葉こそが、この仕事の一番のやりがい
Dさん
「小児病棟は患者さんが子供なので、自分の対応による成長や変化が見えるのがやりがいです。子供はどうしても白衣や聴診器が怖くて泣いてしまうことも多くあります。そこでまず、聴診器などの器具を実際に触ってもらうようにしました。安全なものだと分かれば、すぐに慣れて笑顔になり、嫌がらずに診療を受けてくれるようになります。快方に向かい、退院の日にお手紙をくれる子や、親御さんから『あなたが担当でよかったです』という言葉をもらえると、頑張って良かったと思えますね」
Bさん
「ある患者さんを担当した時のことです。その方はケアが多く、精神的に落ち込んでいたのですが、頻繁に病室まで足を運び、コミュニケーションを取り続けました。その結果、ベッドサイドに行くだけで笑顔を見せてくれるようになり、退院の際は『ありがとう』と言われとても嬉しく元気づけられました。その時に気づいたのが、患者さんを元気づけるだけではなく、私も患者さんに元気づけられていたということ。これも、この仕事のやりがいの一つではないかと思います」
Cさん
「私は手術センター勤務なので、Dさんたちと違い患者さんから感謝の言葉を頂く機会はあまりありません。手術前の患者さんは緊張しています。大きな手術となればなおさらです。手術前に患者さんから『よろしくお願いします』という言葉をかけられると自分の担う責任の重さを痛感して、身の引き締まる思いです。今は1年目なので『根拠』と『患者さんの気持ちになること』を大事にするように心がけ、手術前の患者さんの不安を少しでも和らげることができるようにしています。プレッシャーと比例して達成感も大きくなるので、これは手術センター勤務ならではの醍醐味かもしれません」
Aさん
「他の皆と同じで、この仕事のやりがいは患者さんからの言葉ですね。私の場合は、患者さんに笑顔でいて欲しいと思っているので、私自身が常に笑顔でいることを意識しています。患者さんから『あなたの笑顔を見ると、痛みがあっても頑張れるよ』と言ってもらえると、私のやってきたことは間違っていなかったと思えるんです。医師のように治療はできなくても、看護師にできることはたくさんあると思えます」
Dさん

退院される際に患者さんから頂いた言葉が看護の仕事の一番のやりがいにつながっています。

仕事もオフも全力投球。思い思いの休日を楽しみ、リフレッシュ
Dさん
「私の休日はほぼ毎週、美味しいご飯屋さんとカフェ巡りをしています。岩手出身で、就職と同時に上京してきたのですが、上京する前から『東京に行ったら訪ねたいお店リスト』を作っていました。そのリストにあるお店が200を超えていて、それを消化しています。ただ、行きたいお店はどんどん増える一方で、消化しきれる目処は立っていません。また、毎月一回は夜勤明けに新幹線で帰省し、家族や幼馴染とあって、ゆっくり温泉に行くなど、リフレッシュしながら毎日を楽しく過ごしています」
Cさん
「同期だからこそ相談できる仕事の悩みもあるので、できるだけ同期と休みを合わせて、ご飯に行くようにしています。あとは、最近は、ネットドラマにはまっています。特に『グレイズ・アナトミー』が最近のお気に入りです。あとは母が料理好きであったこともあり、いろんな料理をつくったり、体を動かすのも好きなのでジョギングに行ったりもしています」
Bさん
「私もCさんと一緒で、同期とご飯を食べに行くことが多いですね。同期と予定が合わないときは、大学時代の友人と遊んでいます。美味しいご飯屋さんやカフェも行きますが、映画が好きなので友人と一緒に映画を観に行ってストレスを解消しています」
Aさん
「地元が福岡なので、まとまった休みが取れた時には、帰省することが多いです。家族と話したり、久しぶりに地元の友人と遊ぶとリフレッシュできますね。観光地巡りが趣味なので、友人と鎌倉や横浜を散歩するのもとても良い気分転換になっています」
Dさん

近くに魅力的なお店も多く、休日は美味しいご飯屋さんとカフェ巡りをしています。

尊敬される先輩を目指して
Dさん
「子供や家族の不安をしっかりと聞いて、安心して入院生活を送れるようにサポートできる看護師が私の理想像です。同じ疾患を抱えていても、患者さんによって不安は違います。子供の性格や特徴を把握して、その子に合わせた対応ができる看護師になれるよう、日々勉強という意識を忘れずに患者さんに向き合っていきます」
Cさん
「患者さんの不安に寄り添い、取り除いてあげられる看護師になりたいと思っています。手術前の患者さんは不安でいっぱいなはずなのに、それを口にする方は少ない。手術前という限られた時間の中で最大限に不安を軽くできるよう、もっともっと成長していきたいです。先輩方には日々助けていただいているので、後輩ができたら私自身も先輩方のように相談に乗ったり、励ましたりと他のスタッフに気配りのできる看護師になりたいです。そのために今はひたむきに頑張っています」
Bさん
「さまざまな疾患に対応できるジェネラリスト・ナースになり、後輩指導や教育の面でもそれを活かせる看護師になりたいと思っています。今後は疾患や看護過程について学習し、日々経験を蓄積することでアセスメント能力を高めていきたいと思います」
Aさん
「私もBさんと似ているのですが、一つの視点だけでなく、全体像を捉えられる看護師を目指しています。入院中のサポートだけでなく、退院後の生活などを想像し、その対策まで含めて患者さんの看護ができるようになりたいと考えています。疾患の勉強はもちろんのこと、介護保険など医療保険制度についての知識も必要に応じて身につけていきたいと思います」

「ぜひ一緒に働きましょう!お待ちしています。」

Copyright © Keio University. All rights reserved.本サイト掲載文章および写真の無断転載を禁じます。