• 先輩紹介
  • 新人看護師座談会

新人看護師座談会

座談会メンバー

Yさん

Yさん

手術センター

共立女子大学卒業

Sさん

Sさん

小児科病棟

東北大学卒業

Aさん

Aさん

消化器クラスター

椙山女学園大学卒業

Gさん

Gさん

眼科・内科系共用床

慶應義塾大学卒業

Kさん

Kさん

HCU

慶應義塾大学卒業

看護師として第一歩を踏み出す場として、最高の環境がある
Aさん
「私は名古屋の出身ですが、“首都圏の病院で経験を積み、看護師として成長できたら”との考えから、都内の病院を複数検討しました。当院を志望したのは、看護部の理念である“患者を尊重し、患者の生活の質を高める看護実践”に共感したから。加えて、どの病棟でも他職種との連携が活発で、主体的に看護に取り組みながら理念を全うしている点に強く惹かれました」
Sさん
「当院のインターンシップに参加したことが、入職を考えるきっかけになりました。1年目の先輩について、働く環境から研修のことまで“慶應看護”の魅力を直接、聞くことができました。“看護師として、自分の考えをもって実践したい”と思っていたので、教育・研修が充実している点や、看護師が主体的に看護に取り組んでいる環境を確認できたことが、入職の決め手です」
Kさん
「看護師として第一歩を踏み出す場として、最先端の医療を提供する大学病院を希望していました。慶應義塾大学で学び、当院での学生実習で、看護や医療の知識が豊富にあり、何よりも患者さんのことを一番に考えて高度な看護・医療を提供している先輩の姿を見て、“自分も先輩のような看護師になりたい”と思うようになりました」
Yさん
「私も当院のインターンシップに参加し、入職を考えるようになりました。中でも新人看護師を指導する先輩看護師の姿が印象的でした。今できている点を評価した上で、さらに力を伸ばしていけるような指導をしていて、理想の教育環境があると感じました」
Gさん
「就職にあたって、当院を始めさまざまな病院のインターンシップに参加しました。当院の魅力はたくさんありますが、決め手となったのは職場の環境です。朝のカンファレンスで新人看護師が発言するなど、1年目から積極的に看護に関わっていける環境があったからです」
Gさん

1年目から積極的に看護に関わっていける環境に魅力を感じ入職しました。

プリセプターを始め、多くの先輩方に支えられ、常に患者さんと向き合う
Aさん
「入職から現在を振り返って感じるのは、先輩方の指導の手厚さです。その日の勤務を終えると必ずプリセプターと振り返りがありましたし、他の先輩方からも助言をうけることができました。また、“研修で学んだことを現場で活かしたい”という希望を伝えたところ、その日にできるケアや処置などの調整もしてもらえました。プリセプターに限らず、病棟の先輩方全員の支援を実感しています」
Sさん
「確かに、当院は集合研修が充実しているし、現場のサポートも本当に手厚いですよね。けれど新人看護師として、この環境に甘んじることなく、主体的に学ぶ姿勢が大切だと感じています。特に一人で患者さんを受け持つようになってからは、わからないことをそのままにせず、必ず先輩に確認するよう心がけています。また、まだ経験していない処置があったら自分からリーダーに伝え、指導をうけています」
Yさん
「私は手術センターに配属になり、最初は“器械出し”からスタートしました。徐々に“外回り”も経験し、最近は手術を控えて不安になっている患者さんにどのような寄り添い方ができるのか日々、勉強中です。手術を終えると必ず先輩からフィードバックをうけて、次の目標を一緒に考えています。毎回新たな学びを得ている実感がありますね」
Gさん
「私の病棟は腎臓内科や神経内科などの混合病棟です。先日各疾患に関する知識を高められるよう腎臓内科の医師と透析看護認定看護師による勉強会が開催されました。看護部だけでなく、医師をはじめ、病院全体によるサポートが何よりも嬉しかったですね。これは、当院の大きな強みかもしれません」
Kさん
「私が勤務するHCUはあらゆる診療科の患者さんを受け入れるため、幅広い知識が求められます。術後の患者さんは、容態が大きく変化するなか、しっかりと回復を促していかなければなりません。そこでプリセプターや指導者の先輩とともに、“患者さんの疾患や既往歴などを十分に理解した上で、どのような目標をもってケアをしていくか”を一緒に考えます。皆さんと同じく、先輩全員からサポートをうけています」
さん

サポートも手厚い環境ですが、そこに甘んじることなく、主体的に学ぶ姿勢が大切だと感じています。

1年間に渡る、集合研修と専門領域研修。じっくり学びながら成長していける
Aさん
「研修が充実していて、1年間かけて学びの機会が数多くあるのもいいですね。最初は点滴など看護の基礎からスタートし、配属後も定期的に集合研修があります。アセスメントや看護過程の研修など、その時々で必要となることを学べるので、現場に持ち帰って実践することができます。また、研修で同期と集まる機会がたくさんあり、絆がさらに深まるという効果も感じています」
Sさん
「集合研修以外にも、疾患に関係する研修会や講習会があります。私は人工肛門を造設している患児を担当するタイミングで、それに関わる手技の講習会に参加しました。興味・関心のある分野や、日々の看護に関連のあるテーマの研修会に参加できるので、1年目から専門性を高めていけると思います。また、これらの研修は看護師だけでなく、医師や理学療法士などが講師になることも多いですね」
Kさん
「私も先日、PCAポンプの操作に関する研修会に参加しました。HCUではPCAポンプを使用される患者さんが非常に多いんですね。そこで当院の認定看護師、MEが研修会の講師となり、アラームが鳴ったときの対応も含めて、詳細な操作法を学べたおかげで、現場でもスムーズな対応ができるようになりました」
Yさん
「集合研修で得られる技術の中には、病棟に勤務している看護師に比べると、手術センターではあまり実践できないものもあります。このような環境を考慮して、研修で学んだことをシミュレーション・ラボで自己練習する場が必ず設けられています。ここまで配慮があることに驚いたと同時に、ありがたくこの機会を活用して技術の習得に励んでいます」
Gさん
「看護技術や知識を学ぶ研修以外にも、ストレスマネジメントをテーマにした研修もあります。土曜日に新人看護師が集まって卓球大会をする“リフレッシュサタディ研修”では、スポーツ医学の医師や専門看護師が監修し、ストレスマネジメントに関する考え方や、運動によるリフレッシュ法を学びます。これらの取り組みも、当院らしい取り組みでとても楽しかったです」
Kさん

研修で、詳細な操作法を学べ、現場でもスムーズな対応ができるようになりました。

患者さんや先輩看護師との関わりの中で得られる“喜び”
Aさん
「ある患者さんの術後1日目を担当した時に、ご高齢でなかなか離床できないことがありました。患者さんに“こういう流れで歩けるようにしていきましょう”と目標を伝え、スムーズに離床できるよう説明しました。配属直後でまだ患者さんへの声がけもたどたどしかったと思いますが、だからこそ離床できた時は本当に嬉しかったですね。点滴が外れて、食事も食べられるようになり、元気に退院していかれた時には、心から“おめでとうございます”という言葉が自然と出ていました」
Sさん
「私は小児病棟に勤務しているので、子どもたちとの関わりの中で何度もやりがいを感じています。入院からずっと見守ってきたある患児は、退院の日に“最後にどうしてもありがとうと言いたかった”と言ってくれて。ご家族からもお礼の言葉を頂きました。まだ経験の浅い新人の私でも、患者さんとご家族にとってはひとりの看護師です。自分にできる看護に精いっぱい取り組んだ結果、このような言葉をかけていただけて、とても光栄に感じるとともに、身がひきしまる思いがしました」
Kさん
「HCUの場合、患者さんの容態が落ち着いたら一般の病棟に転床します。転床後に、“あの患者さんはそろそろ退院かな”と、自分が担当した患者さんのことを考えることもあります。ある患者さんが退院直前にHCUを訪問してくださった時は、感無量でした。“ありがとう、お世話になりました”と回復された姿は、今も私にとって日々の看護に向き合う上で大きな支えとなっています」
Yさん
「器械出しの技術がある程度身についてきた頃、“手術センターの看護師として、自分は責任を持って仕事ができているだろうか”と悩んだことがあります。最初は一人で悩んでいたのですが、プリセプターを始め、先輩方も声をかけてくれました。師長の“順調に成長しているし、できていることを認めてあげて”という言葉は忘れられません。今、前向きに仕事に取り組めているのは、師長や先輩方のおかげです」
Gさん
「私たちは、時には“できない自分”を自覚して悩むこともあります。そんな時、私は先輩が患者さんと関わる姿を見るだけで、元気をもらえます。たとえば患者さんの清拭をしたり、体位を交換したり、ちょっとしたことでも、先輩は患者さんのことを一番に考えて取り組んでいます。毎日のように、先輩の姿を見て“自分も頑張ろう”と思っています」
Aさん

元気に退院していかれた時には、心から“おめでとうございます”という言葉が自然と出ていました。

夜勤明け、新幹線に乗って実家へ。三交替ならではのオフの楽しみ方
Aさん
「当院は三交替制で、夜勤明けに家に戻り、そのまま荷物を持って新幹線に乗ると、お昼には実家がある名古屋に到着できるので夜まで地元の友達と会うことができます。今は地元を離れて暮らしていますが、月に一度は地元に戻れるので、遠く感じたことは一度もありません」
Sさん
「私は実家に帰るときは帰郷する荷物を持って出勤します。夜勤を終えたらそのまま東京駅へ直行。小中高の同級生や大学時代の友達と会って、大いにリフレッシュしています。また、母が東京に来てくれることも多いですね。三交替制だと、二交替制よりも夜勤の時間が短いので、休みを有効に活用できています」
Kさん
「私の休日の過ごし方は、家で映画を観たり、友達と遊んだり。病院から徒歩5分の場所にある寮に住んでいますが、どこへ行くにもアクセスが良いのも嬉しいですね。新宿や青山は徒歩圏内ですし、近くに新宿御苑があって自然豊かな環境です。仕事に慣れてきたら遠方にも旅行してみたいですね」
Yさん
「オンとオフをしっかり切り替えることが大切だと思い、プライベートもとことん楽しんでいます。私は実家が埼玉なので、友達を誘って出かけることが多いですね。大学時代の友達と会って、お互いの状況を報告したり、高校時代の友達と他愛のない話で盛り上がったりしてリフレッシュしています」
Gさん
「私も寮生活をしているので、オフは寮の友達とよく過ごしています。勤務終了後に気軽に誘い合って、ご飯を食べに行きます。寮の友達がたくさんいるので、“今から夕ご飯食べに行こう”と声をかけると、あっという間に仲間が集まります。おいしい料理を食べて、おしゃべりをしていると、また明日も頑張ろうという気持ちになります」
Yさん

オンとオフの切り替えを大切にしており、プライベートもとても充実しています。

知識と経験を高め、患者さんに寄り添う。尊敬する先輩が私たちの目標
Aさん
「学生時代から描いてきた目標は、“患者さんに寄り添える看護師”になること。実際の現場は忙しくて、なかなか患者さんと関わる時間がもてずに悩んだこともあります。けれど先輩方を見ていると、患者さんを注意深く観察し、退院後の生活まで考慮したケアを実践しています。私も先輩のように常に患者さんに寄り添って、患者さんが退院後もその方らしく生活していけるような支援をしていきたいですね」
Sさん
「たとえ同じような経過をたどる患者さんでも、その方の背景や性格によって、関わり方が変わってきます。患者さんを理解し、どんな関わり方が必要なのかを常に考えて、適切な対応ができる看護師になりたいですね。私のプリセプターは私が理想とする看護師そのものなので、先輩の患者さんとの関わり方も参考にして、少しでもその先輩に近づけるよう努力していきたいです」
Kさん
「HCUの先輩全員が、私のロールモデルです。理想の看護師像を絞るのは難しいのですが、先輩方の良いところを参考にして、少しでも成長して行けたらと思っています。急性期の場合、身体的な看護に視点が向きがちですが、私のプリセプターは精神的なケアもとても大切にしてます。私も、患者さんの思いを受け止め、看護に活かしていけるようになりたいですね」
Yさん
「私の目標は、患者さんの苦痛を少しでも緩和できる看護師になること。この目標を配属先の手術センターでどのようにかなえていくかが、私の課題です。器械出しと外回りを経験し、最近は器械出しで次に必要な器具を用意しておくなど、先を読んだ対応ができるようになりました。そして、患者さんに負担をかけずにスムーズに手術を進めることが、術後の早期回復につながることもわかってきました。手術時の安全や安楽など基本的な部分をしっかり押さえつつ、患者さんの苦痛緩和につなげていきたいと考えています」
Gさん
「配属当初は患者さんに質問されても、わからず答えられない自分を歯がゆく感じていました。先輩は看護の知識や技術的な部分だけでなく、患者さんの不安な気持ちを真正面から受け止め、質問にも明確に答えています。患者さんに一番近い立場にいる私たちが患者さんの質問に答えられなかったら、きっと患者さんの不安はさらに増してしまうはず。まずは先輩のように、患者さんの思いに応えられる看護師をめざしていきたいです」

「ぜひ一緒に働きましょう!お待ちしています。」

Copyright © Keio University. All rights reserved.本サイト掲載文章および写真の無断転載を禁じます。