• 教育支援体制の紹介
  • 教育の特徴

教育の特徴

看護部では、看護師一人ひとりが自律し、成長していくことを支援するための充実した教育体制を整えています。
最大の特徴は、新人看護職員、2年目、3年目…という経験年数ではなく、一人ひとりがどのように看護実践を重ねてきたかを基盤とし、個別の能力を尊重するということが教育の基本的考え方であることです。
個人の強みを伸ばしながら、弱みの部分を補っていくことを基軸に、発達レベルに応じて様々な研修プログラムが用意されています。

ジェネラリスト・ナース育成のために

ジェネラリストとは、いかなる領域・対象(急性期・慢性期・回復期・終末期、疾患、年齢など)においても基本となる看護の知識・技能を応用し役割を発揮できる看護師です。「慶應看護師の発達モデル」は、ジェネラリストとしての自律を支援しています。
発達レベルに応じた教育プログラムと、現場での支援、自律を目標とした自己学習の努力により着実に実践力を身につけ成長していくことができます。
さらに高度先進医療に対応できるスキルをもつスペシャリストナースを目指すなど、看護師のキャリアアップを図っていくための支援を行っています。

Copyright © Keio University. All rights reserved.本サイト掲載文章および写真の無断転載を禁じます。