• 慶應看護の特徴
  • EBP (Evidence-Based Practice)

EBP(Evidence-Based Practice)

看護部では、標準化によって看護の質保証に取り組んできましたが、2013年度からは更に「臨床における根拠に基づいた実践:EBP(Evidence Based Practice)」の導入に取り組んでいます。EBPとは、最新のエビデンスをケアに取り込み実践することにより、最善なケアを提供することを目的とした活動です。EBPチームは、最前線で看護を提供している部署内に結成し、EBP支援チームは、EBPチームを専門的なアドバイスにより支援します。

現在取り組んでいるEBP活動のテーマをご紹介します。

  • 1. 婦人科術後のリンパ浮腫ケア
  • 2. 気管挿管患者の口腔ケアの方法
  • 3. がん治療で口腔合併症を発症しやすい患者の口腔ケア
  • 4. 臥床患者の口腔ケアの標準化
  • 5. せん妄や急性混乱の予防
  • 6. 頚部放射線治療への皮膚ケアの統一
  • 7. 食道がん患者の術前術後の呼吸訓練
  • 8. COPD患者の呼吸リハビリテーション

こうしたEBP活動の継続は、看護師のエビデンスの高い活動実績の礎になり、専門職者としての成果となるだけでなく、当院でのキャリア開発の魅力につながることも期待しています。

EBP活動の体制図

EBP活動の体制図

※上記の図は横にスライドすることができます。

Copyright © Keio University. All rights reserved.本サイト掲載文章および写真の無断転載を禁じます。