• 採用案内
  • FAQ

FAQ

応募資格について

他校出身者の採用はどのようになっていますか?
本校出身者と他校出身者の方との採用比率は、例年約半数を他校出身者が占めています。他校出身者・本校出身者採用枠等は特に設けず、年度によりその比率は若干変動しております。
地方出身者の採用はありますか?
例年、北海道から九州・沖縄まで全国から幅広く応募があり、実際に採用を行っています。2016年度の東京都在住者以外からの応募数は全体の約65%にのぼっています。寮も完備していますので安心してご応募いただけます。
出身校一覧
男性看護師の採用は行っていますか?
現在78名(2016年4月現在)の男性看護師が各病棟・外来において活躍しており、今後も積極的に採用を行っていきます。
学歴によって採用枠のようなものがあるのでしょうか?
例年、大学院、大学、短期大学・専攻科、専門学校(3年)を卒業された方と広く採用しています。特定の学歴に特化した採用は行っておりませんし、採用枠もありません。
保健師の採用は行っていますか?
当院で募集している職種は「看護師」「助産師」となっており、「保健師」としての採用は行っておりません。
経験者の採用はどのようになっていますか?
経験者の方の応募資格は、急性期ケアの経験が3年以上ある方とさせていただいております。

応募について

応募書類を提出したいのですが、受付はいつからでしょうか?
今年度受付開始日は決定次第、当ホームページでお知らせいたします。
採用試験について教えてください。
webによるエントリーをしていただいた上で、一次選考(書類選考)をさせていただきます。一次選考に合格された方には個別に二次選考(面接・適性検査等)の試験日を通知いたします。二次試験日程は決定次第当ホームページ上でお知らせいたします。
看護師・助産師募集案内
履歴書は所定の用紙があるのでしょうか?
応募は全てwebにおいて完結するため、書類等の郵送は特別な指示がない限り一切不要です。

インターンシップについて

慶應義塾大学病院には初めて行くのですが、場所はすぐわかりますか?
当院は、JR総武線の信濃町駅前にあります。駅に改札口は一つしかありませんので、出ていただくとすぐ正面に当院が見えます。駅前の横断歩道を渡ったらそこが正門となっていますので、迷うようなことはまったくありません。この交通の便の良さ(駅から徒歩1分)をインターンシップに参加された際にぜひ実際に体感してください。また、都営地下鉄大江戸線の国立競技場駅からも徒歩5分となっていますが、こちらは出口から少し道がわかりづらいので、こちらからお越しの場合は予約時に道順を確認してください。
アクセス方法
インターンシップで複数の病棟を見学したいのですが可能でしょうか?
また、複数回参加することは可能でしょうか?
より多くの方にご参加いただけるようにお一人1回とさせていただいています。また見学できる病棟は1部署です。
現在、他病院に勤務している者ですが、インターンシップに参加はできないのでしょうか?
当院のインターンシップはまだ看護の現場をよく知らない学生さんを優先したいと考えております。
インターンシップの時の昼食はどうすればよいですか?
配属された病棟のスタッフと一緒にとっていただきます。
持参していただいても構いませんし、院内にお弁当を購入できる売店もあります(食事代は自己負担となりますのでご了承ください)。
個別の病院見学はできますか?
申し訳ありませんが、個別の見学は受け付けておりません。インターンシップにぜひご参加ください。

休日・休職について

夏休みは何日とれますか?
当院の本年度季節特別休暇の付与日数は「9日」となっており、これを原則7月~9月で消化していただくようにしております。また、看護部における季節特別休暇取得率は100%となっています。
「子の看護のための休暇」というのは何ですか?
この制度は、2009年度から設けられたもので小学校2年生に達するまで教職員・常勤嘱託職員に対して、負傷もしくは疾病にかかった子の世話、または疾病の予防を図るために与えられるものです。1年に最大で5日の取得が認められています。
育児休職は取得できますか?
産前産後休暇に関しては、産前7週間・産後8週間となっています。また、育児休職は子供が満3歳になるまで 男性・女性ともに利用可能です。
進学休職はありますか?
進学休職は慶應看護師の発達モデル・レベルⅢ以上の看護師を対象としております。各自申請し所属長の推薦後、院内の審査を受け最大2年間の休職が認められます。奨学金の制度はありません。

その他

助産師として応募したいのですが、どのような特色がありますか?
当院は地域周産期母子医療センターに認定されており、合併症を持つ妊婦さんや先天性の構造異常を持つお子さんに対して、各専門分野のエキスパートによる周産期管理を行うとともに合併症のない妊婦さんの出産も積極的に受け入れています。分娩数の増加に伴い、経腟分娩の件数も増加しており、産科医師立ち合いのもと助産師が分娩介助を行っています。
助産師紹介
入寮希望ですが、入寮者は抽選等で決まるのでしょうか?
新採用者の方で入寮を希望される方は100%入寮できる体制をとっています。また、男性の方も入寮できます。 現在当院敷地内に1棟、またワンルームマンションタイプのものが徒歩圏内に5棟あります。
配属先の希望はできますか? GICU・救急外来への新人の配属はありますか?
入職時に第3希望までお聞きして、それらを考慮し配属先を決定します。
救急外来への新人の配属はありませんが、GICUには配属されます。
教育・研修の体制はどのようになっていますか?
当院看護部には、教育・研修を担当する専任の師長・主任と看護師が、看護部長室メンバーとして配置されており、各研修の企画・運営を行っています。なお、研修制度の詳細は当ホームページ「教育支援体制の紹介」をご覧ください。
海外研修の行き先を教えてください。また対象者は決まっていますか?
海外研修は、慶應看護師の発達モデル・レベルⅢ以上の看護師を対象としております。研修期間は1カ月で研修テーマ・行き先は各自が自由に決めることができるようになっております。
海外研修紹介
大学の図書館を利用することはできますか?
当院のある信濃町キャンパスには、「信濃町メディアセンター」という図書館が併設されており、利用することが可能です。詳細は、下記ホームページをご覧ください。
信濃町メディアセンター
Copyright © Keio University. All rights reserved.本サイト掲載文章および写真の無断転載を禁じます。