• 先輩紹介
  • 先輩からのメッセージ

新人看護師

安心して成長できる環境があります

Kさん

天使大学卒業

Kさん

インターンシップが入職の決め手に

大学生の頃、患者さんが多種多様な症状をあらわし変化していく過程を目にして、領域や年齢にとらわれずに対応できる看護師になりたいと考えました。そこで当院のジェネラリスト・ナース育成プログラムに興味を持ったことがきっかけです。
就職を決めるまで多くの病院のインターンシップや説明会に参加しましたが、看護師が高い目標を持ち、質の高い看護を提供していると感じたのが慶應義塾大学病院でした。患者さんが「先生も看護師さんも優しいから自分も頑張れます」と話しているのを聞いて、医療者と患者・家族の信頼関係が構築されている職場に魅了され、当院に就職を決めました。

ジェネラリスト・ナースに向かって、着実に成長できる

教育体制が充実しているので、迷わずに成長できると感じます。毎日振り返りシートを用いて自分がどのように考えて1日行動したのかを先輩と振り返り、目標や課題を明確にすることができます。自立が増えると一方でできていないことも見えてくるため、着実に進むことができると実感しています。

学ぶ機会にも恵まれ、入職当初の不安は責任感へ変化

入職時は知識や技術が不足していることに大きな不安を抱いていましたが、専門・認定看護師の研修や医師が開催する勉強会など学習の機会が多く、学ぶ環境にも恵まれていると感じます。目標とする先輩が部署に多くいることも、良い刺激になっています。私はまだ新人ですが一人の看護師として甘えず、責任を持って行動していきたいです。

新人看護師

チームで支え合い、高め合う温かな職場です

Sさん

茨城県立医療大学卒業

Sさん

ジェネラリスト・ナースを目指すなら当院だと確信

私は日々進展する医療の現場で多くの知識・技術を習得し高度先進医療の現場で活躍できるジェネラリスト・ナースになることを目指しています。当院は最先端医療を提供する現場であり、ジェネラリスト・ナースを育成するプログラムが確立されているため、私が目指す看護師像に向け日々向上心を持って働くことができると思いました。
また、実際にインターンシップに参加した際、看護師同士が支え合っている様子や看護師と医師が互いに意見を述べ合っている様子などを見て、チーム全体で患者さんと向き合っている職場環境であると感じました。
都会でありながら緑豊かな自然に囲まれているため、心身ともに癒されながら、チームで支え合い、高め合う温かな職場で看護師として成長したいと思い当院への入職を決めました。

患者さんの笑顔が成長のエネルギーに

様々な疾患や処置など分からないことばかりで毎日が勉強の日々です。また、思うように動けず落ち込むこともありますが、プリセプターをはじめ病棟全体で指導してくれるため日々向上心をもって働くことができています。また、患者さんの笑顔が励みになり早く立派な看護師になりたいという思いが強くなります。新人研修も充実しており少しずつですが看護師として成長することができています。

目標は、先輩のような看護師になること

医師をはじめ他職種と連携し、入院生活はもちろん、その後の療養生活まで考え継続した看護を提供している先輩看護師の姿があります。入院生活からその後の生活も患者さんがその人らしい生活を続けていけるよう、個別性を踏まえ先も見据えたサポートができる看護師に私もなりたいと思いました。
ジェネラリスト・ナースへの道のりはまだまだですが、患者さんとの一回一回の関わりを大切に自分の目指す看護師像に向けこれからも成長していきたいです。

2年目看護師

日々“より良い看護”を追究することができます

Sさん

慶應義塾大学卒業

Sさん

幅広い病態や背景に対応できる看護師を目指し、入職

以前よりがん看護に関心があり、将来は終末期のがん患者さんに深く関わりたいと思っていました。しかし、終末期の患者さんに寄り添うためには、まず、患者さんが今まで受けてきた治療や闘病生活を送る中での想いを深く知らなければと感じました。
当院は地域がん連携拠点病院であり、特定機能病院でもあることから、複雑な病態や背景を持つ多くの患者さんの治療に関わることができると考え、就職を決めました。

退院後の生活までふまえたケア・指導の実践

私が所属している部署は、化学療法や手術を受ける患者さんから終末期患者さんまで、幅広い疾患や背景のある方々が入院されています。人工肛門や在宅中心静脈栄養、胃ろうなど、退院後も医療処置やセルフケアが必要となる場合が多く、退院に向けて入院中から患者さんや家族に指導を行っています。最初は強い不安を持っていた患者さんが、共に練習を重ねるうちに、自信を持ってできるようになっていく姿を見るのはとても嬉しく、やりがいを感じます。

スキルアップできる環境に恵まれ、日々充実

目の前の患者さんにより良い看護を提供するためにはどうしたらよいのかと悩むことも多いですが、先輩看護師や他職種の方にアドバイスをもらいながら、自身の看護が磨ける環境にいることに幸せを感じています。

2年目看護師

「なぜ、どうして」という視点を大切にしています

Iさん

慶應義塾大学卒業

Iさん

個別性のある看護を提供できる看護師を目指して

私は学生時代の実習を通して、複数の疾患を抱えている患者さんが大勢いることを知りました。例えば、がん疾患の患者さんは褥瘡や嚥下障害、感染など原疾患に付随した様々な合併症を抱えて療養しているということです。私は、そのような患者さんに対して個別性を尊重しながら様々な看護領域の知識をもとに援助をできるようになりたいと考え、ジェネラリスト・ナースを目指したいと思いました。当院では、ジェネラリスト・ナースの育成に力を入れており、自身の成長に応じた研修や専門領域の看護研修など充実した環境で知識や技術を身に着け、様々な職種の人達と一緒に働きながらチーム医療を実践できるところがとても魅力的だと考えました。そこで、最先端技術を取り入れ、高度な医療と質の高い看護を提供している慶應義塾大学病院に決めました。

患者さんの代弁者として看護を提供するやりがい

手術室看護師のイメージと言えば、医師に手術の器械を渡しているイメージが強くありました。実際に手術室で働き始めると、手術進行を円滑に進める器械出しを行うだけでなく、外回り看護師としての役割もとても重要だということを知りました。全身麻酔により意識のない患者さんに代わって、言葉では表現できない思いに耳を傾け、患者さんにとって必要な看護を提供することにやりがいを感じています。

他職種と連携しながら、根拠のある看護で最先端医療を支える

大学病院の手術室ということもあり、外科的治療の最先端医療が日々行われているため継続的な学習が必須です。このような医療現場において他職種と連携しながら、安全でより低侵襲な医療を提供することを目標に、看護師としての役割を発揮していきたいと考えています。そのためには、患者さん一人ひとりに合った看護を、なぜ、どうしてという視点をもとに援助の根拠を考え、よりよい看護を追及していきたいです。

Copyright © Keio University. All rights reserved.本サイト掲載文章および写真の無断転載を禁じます。