• 先輩紹介
  • 新人看護師座談会

新人看護師座談会

座談会メンバー

大谷さん

大谷さん

一般集中治療室

慶應義塾大学卒業

田中さん

田中さん

小児病棟

兵庫大学卒業

吉武さん

吉武さん

呼吸器クラスター病棟

西南女学院大学卒業

杉さん

杉さん

外科共用床

上智大学卒業

岡田さん

岡田さん

血液内科病棟

慶應義塾大学卒業

働く先輩の姿が、入職の決め手に
大谷
「私は実習で出会った先輩のように、患者さん一人ひとりに向き合える看護師になりたいと思ったことがきっかけです。就職先を決める前にいくつか他の病院のインターンシップにも参加しましたが、当院の看護師は根拠のある看護を提供していると感じたので入職を決めました。」
岡田
「私も実習で、どこの部署の看護師も一つひとつの看護に根拠を持ちながらケアを提供している姿を見て、先輩のような看護師になりたいと思いました。また、看護師としてのキャリアを特定機能病院でスタートすることで複雑な病態にも対応できる臨床実践能力を身に付けることができるのではないかと思いました。」
田中
「私は神戸出身で、上京するかどうか迷っていたんです。そんな中、合同就職説明会で出会った当院の先輩がとても活き活きと話をしている姿に惹かれました。インターンシップでは、看護師同士だけでなく医師とも密にコミュニケーションをとっていて、病棟全体の雰囲気がとても良かったことが決め手になりました。教育体制も充実していて、どの先輩も目標をしっかり持って働いていたので、ここなら着実に成長していけると安心できたことも理由の一つです。」
吉武
「私は福岡出身ですが、東京での就職を考えていました。先輩や先生からの情報を参考に6~7病院に絞り、インターンシップに参加して決めました。インターンシップの時に、先輩が患者さん一人ひとりに対して"最善なことは何か"を常に考えて看護を行っている姿を見て、当院で働きたいと思いました。私も先輩のように看護の仕事に自信と誇りを持って働きたいと思っています。」
「インターンシップではカンファレンスに看護師だけでなく医師も参加していて、病棟をより良くするための改善策を出し合い連携していたことがとても印象に残っています。また、ジェネラリスト・ナースの育成に注力している点も自分の目指す看護師像と一致していたので入職を希望しました。」

高い技術と知識を身に付け、患者さんの期待にこたえていきたいです。

質の高い看護を提供するための環境や教育がある
「集合研修やプリセプター制度など教育体制が整っていて、研修と病棟の両方で常に学び成長できる環境にあることは恵まれていると思いますね。例えば集合研修では、研修の後に自主トレーニングができるプログラムが組まれているので、研修を受けて終わりではなく、学んだ知識・技術をしっかり自分のものとして定着させることができるのがいいですよね。」
吉武
「教育の手厚さは私も同感です。シミュレーション・ラボやe-ラーニングで自己学習できるので、手技を確実に定着させることができます。それに、集合研修だけでなく病棟内でも勉強会が開催されたり、学びたいという姿勢を受け止めてもらえるので前向きに勉強に取り組めます。」
田中
「新人看護師として働く上では、教育やマニュアルが充実していることも魅力だと思います。マニュアルがあるので、どの看護師がケアしても看護の質が保証されるようになっています。私たち新人もマニュアルを確認しながら、安心して業務に取り組むことができます。」
岡田
「私が所属する血液内科病棟では、病棟独自の教育プログラムや勉強会も行われているので、集合教育では学べない疾患の深い部分を現場で学ぶことができます。疾患や治療ごとに3つのチームに分かれて活動していて、新人は1年かけて3チームを順に回るので骨髄移植の看護全般を学ぶことができます。色々な先輩の看護観を知ることができるのも良い刺激になっていますね。」
大谷
「私の病棟では複雑な病態を理解するために担当患者の関連図を書いたりもしています。関連図はカンファレンスで発表し、先輩からアドバイスをもらいます。こうした積み重ねが一つひとつのケアの意味や根拠を考えることにつながると実感します。先輩や同期に勉強意欲が高い方が多いので、自分も向上心を持って頑張れますね。」

マニュアルの多さに驚きましたが、質の高い看護を追究している結果だと思います。

プリセプターシップと病棟全体で育てる体制で安心して学べる
大谷
「1年間プリセプターがついてくれるので、勉強方法や技術の習得など、業務を進める上で不安な点や疑問を解消しやすい環境が整っていると思います。プリセプター以外の先輩にも教えてもらえるのでいつも見守られていると感じます。」
田中
「プリセプターは知識や技術面だけでなく私の成長スピードに合わせて、メンタル面も考慮してサポートしてくれるのでとても心強い存在ですね。」
「私の病棟では月に1回、師長、プリセプター、新人看護師の3人で振り返りをする会(通称プリプリ会)があります。できない点ばかりを気にして落ち込むこともあるのですが、この会で自分ができていることとできていないことを振り返って、現状の到達度合いを客観的に捉えられるので、毎月、次の目標に向かって前向きに過ごすことができます。」
吉武
「病棟全体で先輩皆さんに丁寧に分かりやすく教えてもらえる環境があります。プリセプターだけでなく、先輩全員が新人をサポートをしてくれるので心強いです。分からないことがあっても、どの先輩に聞いても快く教えてくれるので、不安なく働くことができます。先輩から 「どうしたの?大丈夫?」と声をかけてくれることも多く、気にかけてもらっていると感じます。」
岡田
「病棟の先輩全員で"新人看護師を育てよう"という雰囲気があって、プリセプターが不在の時も他の先輩に指導してもらえるので安心です。質の高い看護を提供するためには疑問点を残さないのが鉄則ですから、少しでも不安があれば先輩に質問するようにしています。」

プリセプターや先輩にフォローしてもらいながら、少しずつできることを増やしています。

患者さんと真摯に向き合う中で得られる大きなやりがい
大谷
「人工呼吸器をつけていて会話が困難な患者さんを4日間受け持ちしたのですが、最初はうまく意思疎通がとれず、申し訳ない気持ちでいっぱいでした。先輩に相談すると文字盤の使用を提案され、やってみるとだんだんと患者さんの伝えたいことが把握できるようになりました。患者さんの笑顔も増えていき、とてもやりがいを感じました。」
田中
「私は小児病棟なので、子供たちの素直な言葉や行動に励まされています。就職して間もない頃に、担当していた患者さんが、退院の時にわざわざ私を探して"ありがとう"と言いにきてくれたり、"看護師さんも頑張ってるからあげる"と折り紙で作った指輪を渡されたり。患者さんにとっては、新人の私も一人の看護師であることを実感しました。今でもその時の事を励みに頑張っています。」
吉武
「抗がん剤治療を行っている方は繰り返し入院し、治療を続けなければいけません。1回目の治療の時に受け持った患者さんが2回目の時に"前にあなたに抗がん剤をやってもらった時も完璧だったから任せられる。お願いね。"と声をかけられ、とても嬉しかったのと同時に看護師としての責任を強く感じました。」
「意識がなく寝たきりの患者さんの褥瘡を治すために、処置や定期的な体位交換を看護師全員で一致団結して行ったことが印象に残っています。褥瘡が日に日に小さくなるのを見て、先輩が“こんなに良くなるなんて、みんなの力だね!”と言っていたのを聞いて、一人の力では解決できないことも、チーム全員で力を合わせることで解決に導くことができるのだと実感しました。また、看護師個人が知識や技術を持っているだけでは最適なケアができるとは限らず、病棟の看護師同士でコミュニケーションをとり全員で一致したケアを提供することが大切だと学びました。」
岡田
「血液内科病棟は、長期入院をしている方や入退院を繰り返す方も多い病棟です。私が入職して間もない頃に担当した患者さんが先日亡くなり、改めて生命と直面する仕事だと感じました。患者さんは自分の命に向き合いながら治療を続けているのだと思うと、私たち看護師も誠実に患者さんと向き合っていきたいと感じています。」

看護する中で、患者さんから元気をもらったり、学ぶことが本当に多いです。

看護を提供する上で心がけていること
大谷
「一般集中治療室は重症度の高い患者さんが多いので私たち看護師が患者さんの代弁者となれるよう、患者さんの一番近くにいてあらゆる変化に気づくことを意識しています。患者さんの些細な変化も見逃さない観察力を身につけていきたいです。」
田中
「子供たちは看護師の話し方一つで受け止め方が変わることを実感しています。子供の性格や状況に応じてコミュニケーションの取り方を工夫するようにしていますね。先輩の接し方を見て日々学んでいます。」
岡田
「私は第一に患者さんの意思を尊重して誠実に関わることを大切にしようと思っています。"誠実な姿勢”は新人でもすぐにできることだと思い、入職当初から意識していることです。長期入院する患者さんも多いので、入院中のストレスを少しでも軽減できるように入院前の暮らしを知ることも大切だと感じています。」
吉武
「呼吸器クラスター病棟も化学療法や放射線治療などで長期的に治療を続ける患者さんが多いので信頼関係が築けるよう、接遇・マナーは失礼がないように気を付けています。また、抗がん剤の副作用に不安を持つ患者さんに対しては、副作用の症状や発現時期、対処方法について詳しく説明し、少しでも不安が軽減できるよう努めています。」
「私が所属する外科共用床は手術前の不安を持つ患者さんが多いので、不安の原因を傾聴することを心がけています。例えば、手術後の痛みに不安を感じている場合、痛みは適切に薬を投与することで防げる旨を説明するなど、不安に対する解決策を具体的に提示するようにしています。」
岡田
「入職してから、当院の看護師である誇りとやりがいを実感しています。他の医療機関では実施することが難しい専門医療を必要とする患者さんが多く入院しており、当院の医師や看護師を信頼して命を託してくださっているんだなと感じます。その信頼や期待に応えられるよう努力していきたいと思っています。」

"話すだけでも緊張が和らいだ”と言っていただけることも多いです。

仕事と同じくらい、リフレッシュも大切に!
大谷
「休日は実家に帰省してゆっくり過ごしたり、連休は友人と旅行することもあります。先日は、大阪と箱根に行ってきました!最近は少しずつオン・オフの切り替えができるようになって、仕事以外のことを考える余裕が出てきたと思います。」
田中
「私も月に1度は兵庫の実家に帰省しています。病院から羽田空港まで1時間以内で行けるので便利です。品川乗り換えで新幹線も利用しやすいです。地元で関西弁で話すこともリフレッシュの一つになっています。昔から野球観戦が大好きで、東京近辺では神宮球場・東京ドーム・横浜スタジアムに行って、声援を送ることが楽しみです!ホームシックになった時期もありましたが、今では東京の生活も満喫しています。」
吉武
「私は音楽を聴いてリラックスしたり、ショッピングに出かけたりしています。寮に住んでいるので、同じ寮の同期と集まって話をしたり、ゲームをするのも楽しいです。寮は都心にあるので歩いて新宿に行けたり、プライベートも充実しやすい環境です。」
「大学の合気道部でお世話になっていた道場に今も所属していて、休日はそこで合気道をしています。護身術も身につくし、体を動かすことで心身ともにリフレッシュできます。」
岡田
「休日は実家でゆっくり過ごすか、友人と会っていることが多いですね。高校の友人は看護師以外の職種も多いので、話すだけでも新鮮で気分転換になります。大学の友人とは、看護師として同じ悩みを相談し合ったりしています。友人と話すことで自分を振り返るきっかけになったり、よい刺激を受けています。」
大谷
「オフが充実すると、仕事や勉強に張り合いが出て頑張れると思います。当院は立地も良いので、仕事とプライベートを両方充実させることができますね。」

「ぜひ一緒に働きましょう!お待ちしています。」

Copyright © Keio University. All rights reserved.本サイト掲載文章および写真の無断転載を禁じます。