看護部TOPICS

臨床指導ナース (2017受講者)

お知らせ 2017.11.15

   平成29年度の臨床指導ナース育成研修が5月から開始となり、講義・演習を終え、今後はさらに実践的な研修になります。

 

 

研修の前半では、本学看護医療学部の教員を中心に、2ヶ月間の講義・演習を行いました。講義は基礎編・応用編に分け、臨床指導ナースに求められる知識・技術・態度について学びました。受講者たちは、これまで自分が臨床で行なっていた指導を振り返り、今後の指導にどのように活用するか考える機会となっています。9月には学生実習があり、学生の特徴と個別性を踏まえ、学生が実習の成果を実感できるような関わりが重要であることを改めて学びました。11月からはフィジカルアセスメント研修やプリセプター研修にインストラクターやファシリテーターとして参加し、さらに実践的な研修になります。

 

今年度の受講者は5名です。すでに部署での看護実践や教育において中心的な役割を発揮していますが、より理論的知識や根拠に基づいた教育を現場で行うというそれぞれの目標に向かって、本研修に参加しています。また、看護の楽しさややりがいなども大切にし、後輩の強みを活かしながら指導していきたいと考えています。

 

 

Sさん(看護師)/ハイケアユニット 

 整形外科病棟、救急外来、GICUをローテーション後、現在HCU病棟で勤務しています。急性期病院である当院では、正確な看護技術やフィジカルアセスメントなど高い能力を求められており、後輩看護師への指導や育成を行う重要性を感じ、臨床指導ナース育成プログラムを受講しました。技術や知識だけでなく、後輩が患者さんへの看護から様々なことを感じ、看護の楽しさややりがいを感じることができるような指導を目指したいと思います。

 

 

Tさん(看護師)/外科系

 皮膚科・歯科口腔外科等の混合病棟で経験した後、皮膚科・耳鼻科病棟へ異動し、現在は整形外科病棟で勤務しています。自分の関わりによって相手が変化していくことに指導の楽しさ・やりがいを感じ、教育能力を一から学び、自分の能力をもっと向上させたいと思いこの研修を受講しました。

一緒に悩み・考え、看護の楽しさを実感してもらえるような、そして看護を好きになってもらえるような指導をしていきたいです。

 

Iさん(看護師)/内科系病棟

  一般外科病棟、内科外来、皮膚科・口腔外科等の混合病棟を経て、現在は腎・内分泌代謝・神経内科・眼科病棟で勤務しています。看護師の経験を重ねるうちに、より良い看護を提供するためには看護チームとしての成長が不可欠だと実感し、臨床指導ナースを志しました。学生やスタッフと共に学ぶ姿勢を持ち、看護の意味を考えて実践し、その成果を実感することで「またやってみよう」と主体的に取り組めるような指導を目指したいです。

 

Sさん(看護師)/外科系病棟

 私は、一般消化器外科、GICU、救急外来を経て、現在脳外科・歯科口腔外科・形成外科の混合病棟で勤務しています。臨床指導ナース研修に取り組むことで、看護の奥深さややりがいを看護学生や後輩看護師へ伝え、個々の能力や強みが少しでも多く発揮できるように関わりたいと思っています。そのためにも、指導者として、研修での講義や後輩看護師の指導という実践を通し、コーチングスキルを高めていきたいと思っています。

 

Kさん(看護師)/循環器クラスター  

 精神科病棟と外科系病棟をローテーション後、現在は循環器クラスター病棟で働いています。

私が看護師として様々な葛藤や困難な状況に直面したときに、多くの先輩看護師の支えにより一つ一つ乗り越えることができました。何故先輩方の関わりが効果的であったのかを研修を通して分析し、後輩に還元したいと思います。後輩が看護師として成長し更に後輩へと還元していくことを目指し、臨床指導ナースとして役割発揮したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Copyright © Keio University. All rights reserved.本サイト掲載文章および写真の無断転載を禁じます。