• 看護部紹介
  • 求める看護師像

求める看護師像

高度急性期医療の現場で活躍できるジェネラリスト・ナース

慶應義塾大学病院では、高度急性期医療に対応できる臨床実践能力の高いジェネラリスト・ナースを育成しています。
ジェネラリスト・ナースとは、いかなる領域・対象(急性期・慢性期・回復期・末期・疾患・年齢など)においても基本となる看護の知識・技能を応用し役割を発揮できる看護師です。

キャリア開発モデルである「慶應看護師の発達モデル」や「キャリアパス」を用いて、看護師の成長プロセス、キャリアの道筋を示し、看護師一人ひとりがキャリアビジョンを描けるよう支援していきます。そして、チーム医療の要として患者さんのQOLを高めることができる、社会貢献できる自律した看護師の育成を目指しています。

ジェネラリスト・ナース育成のために、一人ひとりに合った教育・支援を行います。
個人の強みを伸ばしながら、弱みの部分を補っていくことを基軸に、発達レベルに応じて様々な研修プログラムが用意されています。

教育支援体制の紹介

Copyright © Keio University. All rights reserved.本サイト掲載文章および写真の無断転載を禁じます。