• 看護部紹介
  • 国際化の視点

国際化の視点

グローバル化が進む社会の中で、国際的な看護の動向や、成果につながっている実践をふまえて当院の看護を考えることが必要な時代となっています。また、慶應義塾大学は文部科学省の「スーパーグローバル大学創成支援」事業に、世界レベルの教育研究を行うトップ大学として採択されました。あわせて社会的役割として、当院は、一般社団法人Medical Excellence JAPAN(MEJ)が進める「日本国際病院」に推奨され、医療渡航支援企業と連携した円滑な渡航受診の促進に取り組んでいます。

看護部では、毎年1~3名の看護師が海外研修に参加し、海外での実践から看護を学び、現場に還元しています。また、米国メイヨークリニックの専門性の高い看護師を招き、メイヨークリニックの看護や医療の情報にふれる機会もあります。
2020年には東京オリンピックが開催されるため外国人の患者さんに対応できる医療者の育成は急務です。外国人の患者さんに対応可能な看護職の確保、育成、体制作りに現在取り組んでいます。

Copyright © Keio University. All rights reserved.本サイト掲載文章および写真の無断転載を禁じます。