教育支援体制EDUCATION SYSTEM

教育支援体制の紹介

人材育成

人材育成においては看護部独自の「発達モデル」があり、看護師一人ひとりの成長を支援しています。充実した教育によってジェネラリスト・ナースとしての完成を目指し、個々のキャリアアップにつなげています。

自立したジェネラリスト・ナースの育成

看護師一人ひとりが自律し、成長していくことを支援するための充実した教育体制を整えています。最大の特徴は、新人看護師、2年目、3年目…と年次によって教育プログラムが決められているのではなく、一人ひとりの経験や習熟度に応じて学ぶ方式であるという点です。個人の強みを伸ばしながら、発達レベルに応じて様々な研修プログラムが用意されています。「発達モデル」は、成長を膨らみとして捉えています。発達モデルⅠ~ Ⅳのレベルはスキルの優劣ではなく、成長(膨らみ)の目安と位置づけており、ジェネラリスト・ナースとしての完成を目指しています。
さらに、高度先進医療に対応できるスキルを持つスペシャリストナースや教育的役割を持つ臨床指導ナースなど、個々の看護師のキャリアアップを図るための支援を行っています。