看護部紹介NURSING DEPARTMENT

看護部について ABOUT

看護部の理念と目標

看護部の理念

慶應義塾大学病院看護師は、建学の精神に則り、「患者を尊重し、患者の生活の質を高める看護実践」を通して、大学病院の社会的役割遂行に協力・協働します。

看護部の目標
  • 慶應義塾大学病院のすべての患者に、専門的な看護実践、教育、および研究を通じて、
    質の高い医療を提供する
  • 看護師の高い倫理観・使命および責務に基づき、チーム医療の中で効率的に看護を提供する
  • 自律した役割遂行のできる看護師の成長を支援する
  • 自己啓発および学際的な看護研究を通して、慶應義塾大学病院の看護実践を発展させる
  • 在宅・地域に向けた保健教育活動を推進する

求める看護師像

高度急性期医療の
現場で活躍できる
ジェネラリスト・ナース

  1. 慶應義塾大学病院では、高度急性期医療に対応できる臨床実践能力の高いジェネラリスト・ナースを育成しています。ジェネラリスト・ナースとは、いかなる領域・対象(急性期・慢性期・回復期・末期・疾患・年齢など)においても基本となる看護の知識・技能を応用し役割を発揮できる看護師です。

  2. キャリア開発モデルである「慶應看護師の発達モデル」や「キャリアパス」を用いて、看護師の成長プロセスやキャリアの道筋を示し、看護師一人ひとりがキャリアビジョンを描けるよう支援していきます。そして、チーム医療の要として患者さんのQOLを高め、社会貢献できる自律した看護師の育成を目指しています。

  3. ジェネラリスト・ナース育成のために、一人ひとりに合った教育・支援を行います。個人の強みを伸ばしながら、不足している部分を補っていくことを基軸に、発達レベルに応じて様々な研修プログラムが用意されています。

    教育支援体制の紹介

看護部の歩み

1918 大正7年 医学科付属看護婦養成所設置
1920 大正9年 慶應義塾大学病院開院
医学部付属看護婦養成所改称
1950 昭和25年 慶應義塾大学医学部附属厚生女子学院改称
1958 昭和33年 基準看護創設/看護体制を中央化
補助婦(看護助手)を導入
1962 昭和37年 看護部にクラーク導入
1971 昭和46年 チームナーシング導入
1973 昭和48年 病院にボランティア導入
1977 昭和52年 看護部海外研修制度導入
1978 昭和53年 プライマリーナーシング試行
1988 昭和63年 慶應義塾看護短期大学開設
1990 平成2年 プライマリーナーシング導入
医学部付属厚生女子学院閉校
2001 平成13年 慶應義塾大学看護医療学部開設
2002 平成14年 慶應チームナーシング導入
2003 平成15年 慶應義塾看護短期大学閉校
2005 平成17年 大学院健康マネジメント研究科(修士課程)開設
2007 平成19年 大学院健康マネジメント研究科(博士課程)開設
2011 平成23年 医療3学部(医看薬)による合同教育開始
2018 平成30年 慶應看護100年