先輩紹介SENIORS

新人看護師

学んだことを患者さんのために
生かせる喜び

Sさん 慶應義塾大学卒業

ジェネラリストナースを
目指して入職

大学生の頃からインターンシップやフィールドワークを経験し、様々な地域の医療について学んできました。その中で目標となったのが、様々な状況の中でも根拠を持った看護実践をすることが出来るジェネラリストナースでした。当院では、その育成のために明確で詳細な目標が設定されています。加えて、個々人のペースで成長して行くことが出来る環境に魅力を感じ、入職しました。

現在の仕事内容と
やりがいについて

勉強をしながら看護を行う毎日です。学んだことを根拠に患者さんからの質問に答えたり、アセスメントに用いたりと、患者さんのために学びを活かすことができるとやりがいを感じます。まだまだ未熟ではありますが、先輩から丁寧にご指導を頂いて、一人ひとりのペースで少しずつ進んでいくことが出来ていると感じています。

日々着実に成長することを目標に

今はまだ、昨日より今日、今日より明日とより良い看護を提供できるように、日々着実に成長していきたいと思っています。将来的には、認定看護師や専門看護師の資格を獲得し、専門的な知識や技術を持って患者さんの療養生活がより良いものになるように、貢献したいという目標があります。

2年目看護師

超急性期かつ最先端の医療現場で
成長を目指す

Mさん 埼玉県立大学卒業

教育体制の充実が入職の理由

慶應義塾大学病院への入職を希望した一番の理由は、看護師の教育体制が充実していることでした。実際に入職してみて、入職直後から習熟度に応じた幅広い研修プログラムが用意されていることや、プリセプターシップでのサポート体制、信濃町メディアセンターが利用できることなど、学び続けることができる環境であることを実感しています。

現在の仕事内容とやりがい

1年目はHCU病棟に、2年目からはICU病棟に所属しています。手術直後や状態の不安定な患者さんと関わる機会が多く、バイタルサインやモニター波形の小さな変化なども注意深く観察しながらアセスメントしていく必要があるため、常に緊張感を抱いています。患者さんが人工呼吸器から離脱できたり、動けるようになったり、少しでも状態がよくなったときにはとてもうれしく感じます。

様々な側面からの視点を
養っていきたい

患者さんの状態を的確に把握して、より良い看護を提供していきたいです。そのためにも知識や技術を身に着け、一人前の看護師として成長できるよう日々学び続けていきたいと思います。超急性期かつ最先端の医療の現場に触れて、ジェネラリストナースを目指し様々な側面からの視点を養っていけるよう取り組みたいです。

3年目看護師

患者と関わる時間が増え、
やりがいと成長を実感

Iさん 東京医科大学卒業

個別性を重視したケアを
目指して入職

学生時代の実習の中で、患者さんが様々な疾患を抱えて入院していることを改めて実感しました。その中でインターンシップを受け、年齢や領域に限らずに患者さん個々の特性に合わせているジェネラリストナースの育成プログラムに興味を持ち、私自身も個別性を重んじたケアを提供できるようになりたいと考えたのがきっかけです。また、教育プログラムが充実し、日々成長出来る環境が整っていることも非常に魅力でした。

現在の仕事内容とやりがい

患者さんは退院後の目標を定めて入院してきますが、信頼関係があるからこそ生活背景や悩みの表出をしてくれます。だからこそ私は、患者さんと関わる時間に重きを置き、寄り添う看護が必要になると考えています。研修を通して、看護技術や看護過程を学ぶと共に、実際に患者さんに還元することが出来ます。結果、患者さんと関わることの出来る時間が増すことで、やりがいを感じると共に、成長出来ていることを体感出来ています。

恵まれた学習環境を生かして
成長したい

患者さん一人ひとりのペースに合わせながら質の高いケアを提供していくためにも、今後も継続して研修や勉強会に参加していく必要があると感じています。恵まれた学習環境を生かしながら、一人の看護師として責任を持ち、患者さんに接していきたいと感じています。