先輩紹介SENIORS

新人看護師

知識・技術を磨きアセスメント能力を高めたい

Kさん 山梨大学卒業

入職理由について

幅広い知識と確かな技術を持つ看護師になるために、大学病院への就職を希望していました。当院の病院説明会に参加し、幅広い疾患に対し最先端の医療を提供している点や、習熟度に合わせて学んで行くことができる、一人ひとりに合わせた教育支援体制に魅力を感じました。また、当院に勤務したことのある母校の先生から、病棟の雰囲気の良さや成長できる環境であるという話を聞いたことも入職のきっかけとなりました。

現在の仕事内容と
やりがいについて

消化器内科・外科や皮膚科などの患者さんを受け持っています。年齢層が幅広く、疾患や治療も化学療法、手術療法など多岐にわたるので、受け持つ患者さんに合わせて日々勉強し経験を積んでいます。患者さんが安全・安楽に治療に臨むためにどのようなサポートをすればよいかを考え実践する中で、患者さんから「ありがとう」と感謝の言葉をかけていただいた際や、笑顔で退院する姿に喜びを感じています。

今後の目標について

まずは知識や技術を磨き、アセスメント能力を高めて患者さんを全人的にサポートしていくことを目指したいと思います。そして、患者さんとのコミュニケーションや信頼関係を大切に、一人ひとりに寄り添った看護を提供できるような看護師になりたいと考えています。また、より良い医療を提供するためにはチーム全体で支えることが重要となってくるので、慶應チームナーシングの一員として力を発揮し多職種との連携も大切にしていきたいです。

2年目看護師

患者さんの個別性に配慮した看護を目指す

Sさん 慶應義塾大学卒業

入職理由について

自身が成長する上でロールモデルとなるようなジェネラリストナースや専門看護師が、院内で多く活躍していることに魅力を感じ入職を希望しました。また、経験年数ではなく個人の能力を尊重し、個人の発達レベルに応じた研修プログラムを実施する教育体制が、自身の成長につながるのではないかと考えました。実際に入職してみて、集合研修やプリセプター制度など、臨床実践に活用できる知識や技術を自分のペースで身につけることができる教育環境であると感じています。

現在の仕事内容と
やりがいについて

1年目はHCU病棟、2年目からはICU病棟で勤務し、手術を受けた患者さんの術後管理や、状態が変化しやすい急性期の患者さんの看護を行っています。疾患や治療により、自身で苦痛や症状を訴えることのできない患者さんが多く、患者さんの小さな変化を見落とさないよう日々先輩から指導を受けながら、観察力やアセスメント能力の向上を図っています。日々の関わりの中で、患者さんと信頼関係を築くことができ、患者さんの抱える思いやニーズを理解し看護に繋げられたときに、やりがいを感じています。

今後の目標について

患者さんの抱える疾患だけではなく、生活背景や思いなど全体像を理解し、個別性に配慮した看護を提供できる看護師を目指していきたいです。そして、それらをあらゆる領域で発揮するジェネラリストナースを目指し、幅広い知識の習得、アセスメント能力の向上を図っていきたいと考えています。院内の研修会に参加するなど恵まれた教育環境を活用し、日々成長していきたいと思います。

3年目看護師

患者さんやご家族が安心できる存在になりたい

Aさん 日本赤十字看護大学卒業

入職理由について

大学での実習経験を通し、患者さんが安心して治療を受けられるよう専門職として自律し、患者さん一人ひとりやその家族と向き合う看護を行いたいと思うようになりました。当院のインターンシップに参加した際に、カンファレンスでレポートを発表している先輩看護師の姿を見て、当院には成長できる教育システムがあり、根拠に基づいてチームで患者さんについて考える看護を実践できると思い、入職を決めました。

現在の仕事内容と
やりがいについて

血液内科病棟で働いています。この病棟では化学療法や造血幹細胞移植の治療を行い、長期的に入院する患者さんが多いため、患者さんと医療者が力を合わせていくことが重要です。患者さんと多くの時間を過ごし、人間関係を築く中で患者さんから信頼の言葉をいただいたとき、退院する姿を見送るときにやりがいを感じます。患者さんの支えになるために想いなど内面に目を向けるようになったのは看護師として成長できているかなと思います。

今後の目標について

患者さんは一人ひとり様々な思いを抱えて治療を行っていると思うので、そんな患者さんやご家族にとって、安心できる存在になることを目指しています。また、患者さんに寄り添い、患者さんにとって最善と思えるような看護を提供していきたいです。そのためにも、チームナーシングの一員としての力や自身の技術向上、知識の獲得など、日々学び成長していきたいと思います。