慶應看護の特徴FEATURES

各専門領域の看護活動

がん看護専門看護師

Nさん

がん看護専門看護師は、全てのがん患者さんとそのご家族が自分らしく「がん」とつき合い、人生を豊かに生き抜くことを支援する看護師です。がん患者さんとそのご家族が困っていることを一緒に解決したり、時には、直接関わる看護師や医師等の言葉にならない悩みに耳を傾け、複雑な問題状況の原因を一緒に紐解くことで、それぞれが役割発揮していく過程を支援する「医療者にとっての伴走者的役割」も担っています。

小児看護専門看護師

Kさん

小児看護は、子どもの成長発達に応じて、医療・教育・保健・福祉が連携しながら、きょうだいを含む家族全体の生活を考え支援していくことが特徴です。子どもは病院での処置や検査に不安や恐怖心を抱き、抵抗することもあります。子どもなりの理解や力を引き出し、頑張ったと思えるような説明や関わりを、関連する部署・職種で協働して行えるよう活動しています。また、在宅療養での地域連携や自律支援等も視野に活動しています。

糖尿病看護認定看護師

Sさん

糖尿病を抱えながら、患者さんがその人らしい生活を送れるように、専門的な知識と技術を提供する領域です。患者さんを「生活者」と捉え、身体的・心理的・社会的側面からアセスメントし、その患者さんに合った自己管理方法を共に考え、支援しています。関連する診療科や他職種と協働し、フットケアやインスリンポンプの専門外来を含む外来糖尿病看護相談、病棟の糖尿病看護支援を実践しています。

集中ケア認定看護師

Mさん

侵襲の高い手術後や重篤な循環・呼吸不全の患者さんに、時間を追って観察し、生命の危機的状態の回避と早期回復を目指した看護ケアを行っています。多職種と連携し必要なケアが提供できるように中心的な役割を担いながら、刻々病状が変化し不安な患者さんに寄り添い、精神的苦痛を和らげるよう心がけています。また、根拠のある看護ケアを現場で実践し、ベッドサイドでの臨床指導を行っています。

専門看護師

感染症看護専門看護師

感染症看護専門看護師は、患者・家族、面会者、医療従事者にかかわらず施設内外の人々を感染から守り、感染症を起こしてしまった人の早期発見・適切な医療を受けられるような看護を提供する役割を持って活動しています。感染予防に強い組織としての病院づくりと、個々の患者さんを医療関連感染から守るために、設備・体制を整え、教職員への指導・教育・相談も含めて活動を行っています。

精神看護専門看護師

精神看護専門看護師は、身体疾患をもつ患者さんやご家族の精神的なケアと看護師のメンタルヘルス維持向上を専門にする看護師です。精神科リエゾンチームや高齢者認知障害サポートチームのメンバーとして活動し、病棟や外来看護師と一緒に精神的ケアを行っています。看護師のメンタルヘルスに関しては、メンタルヘルスに関連した研修を行ったり、個別面接によって看護師の悩みの相談に応じたり、アドバイスをしたりしています。

急性・重症患者看護専門看護師

対象は手術患者さんや重篤な患者さん、生命の危機状態を脱した後も濃厚なケアを必要とする患者さんなど多岐に渡ります。2名の領域看護師ICUで活動していますが、患者さんと御家族にとってICUは療養生活の一部と捉え、その後のQOL向上まで焦点を当てて回復過程を支援していす。集学的治療の場で、仲間の看護師、多職種との良好なコミュニケーションや倫理的な視点を基に、最善の医療が提供されるよう活動していす。

老人看護専門看護師

高齢者・認知障害サポートチームの一員として、認知症や複雑な健康問題を持つ高齢者に対し、入院生活により認知機能・生活機能が低下しないよう、退院後の生活を見据えて、QOLの維持向上を目指し、多職種と協同しながら活動しています。高齢者に安心して医療を受けていただくために、疾患や問題に焦点を当てた医学モデルの視点だけではなく、一人の人として包括的に捉え、尊厳を大切にしたサポートをしています。

認定看護師

感染管理認定看護師

患者さんやご家族、医療従事者など病院内すべての人の感染を低減または防ぐことを目的に活動しています。医師や薬剤師、検査技師など他職種で構成されたICT(Infection Control Team)の一員として、現場のラウンド、感染対策に関するサーベイランスの実施、感染予防に関する教育を中心に活動しています。現場のスタッフと共に日々感染防止の維持・推進に努めています。

皮膚・排泄ケア認定看護師

皮膚・排泄ケアでは、入院・外来を問わず、皮膚や排泄にトラブルのある方への支援を行っています。主に褥瘡、術後創感染、難治性潰瘍などの創傷管理、スキントラブル、ストーマ(人工肛門、人工膀胱)、瘻孔管理、尿便失禁などでお困りの患者さんに対し、早期回復や安全で快適な生活が送れることを目指してケアを行っています。医師、栄養士、理学療法士など多職種と協働し、チームで専門的医療を提供しています。

救急看護認定看護師

当院は2次救急施設として、自力来院する救急患者に対し医師と協働しトリアージと救急医療の提供を行うとともに、都のCCU・急性大動脈スーパーネットワーク、脳卒中、熱傷対応施設として重症患者も受け入れています。救急看護認定看護師はこれら看護実践に従事しつつ、救急領域研修の開催、院内急変対応やDMATなど院内の救急・災害医療体制整備への参画、院外向け講習会開催など地域貢献を目的とした活動も行っています。

透析看護認定看護師

透析看護認定看護師の活動は、腎臓病患者に対する、安全かつ安楽な透析治療の管理と、長期療養生活におけるセルフケア支援です。糖尿病透析予防指導等の腎臓病患者への腎機能低下予防指導、血液/腹膜透析・腎移植などの治療選択支援、安全な透析の実施と生活指導に力を注いでいます。患者さんは生涯続く透析療法や生活調整の負担を抱えています。終末期のケアも含め、チームで患者さんに寄り添った看護の提供を目指しています。

摂食嚥下障害看護認定看護師

摂食嚥下障害看護は、疾患や治療、加齢などの様々な要因により生じます。障害の要因を検査やアセスメントから特定、誤嚥や窒息を予防するための対策を講じ、必要な訓練を行い安全に摂食・嚥下が出来る様、支援しています。また、脱水や低栄養などのリスクに対しては、栄養サポートチームの一員として、医師や栄養士、薬剤師などと協働し、予防的介入を行う事で全身状態の悪化を予防し、患者さんの早期回復を支えます。

慢性心不全看護認定看護師

治療の進歩に伴い心疾患の生命予後は向上してきています。大動脈弁狭窄症の治療であるTAVI治療は高齢者が多く合併症のリスクが高いことが特徴です。そのため、術前の意思決定支援を行い、目標をもって治療が行えるように支援しています。また心不全は進行性の病気であり急性増悪することも度々あります。急性期から心臓リハビリテーションや増悪予防のためのセルフモニタリング、運動・食事療法の日常生活指導を行っています。

緩和ケア認定看護師

緩和ケアとは、がんを抱えながらその人らしく生活できるよう診断時から治療と並行して患者さんや家族に提供されるケアです。治療が行われる診療科をはじめ、様々な関連部署と連携しながら緩和ケアチームのメンバーとして活動しています。がん疼痛や呼吸困難、倦怠感などの身体的苦痛や精神・スピリチュアルな苦痛に対する症状緩和ケア、患者さんを支えるご家族へのケア、看護師を中心とした医療者に対する支援を行っています。

がん性疼痛看護認定看護師

がん患者は、がんと診断された時からがん疼痛など身体的苦痛、不安や経済的な悩み、無念さや苦悩など様々な苦痛を抱えています。苦痛を早期に和らげ、その人らしく生活ができるよう、緩和ケアチームのメンバーや他の専門領域看護師、各診療科など多職種と協働し、がん患者とその家族への支援を行っています。また、院内全体で質の高い緩和ケアを提供できるよう、研修だけでなく、日々の実践を支援し継続教育に力を入れています。

がん化学療法看護認定看護師

私達は、がん薬物療法を行う患者さんやご家族のニーズを捉え、意思決定支援やセルフケア支援など直接的な看護を提供しています。又、医療スタッフが安心してがん薬物療法を実践するために、抗癌剤の安全な取り扱いと投与管理ができ、最新の知識が得られるように集合教育とOJTを連動させながら教育活動を行っています。患者さんの思いに寄り添い、苦痛な有害事象を最小限にし、充実した生活が送れるよう看護を提供しています。

乳がん看護認定看護師

乳がん患者さんは治療による女性性の変化や副作用に対処しながら生活するといった多くのストレスを体験します。また、社会的役割が大きな年代の罹患率が高くその役割変化から様々な問題を抱えます。乳がん看護認定看護師の役割は患者さんが「自分らしく生きる」ために医師や他部門・多職種のスタッフと連携し包括的な支援を行うことです。がん看護研修の企画開催を行い、院内および地域の看護の質向上にも勤めています。

不妊症看護認定看護師

近年の晩婚化に伴い生殖医療を受ける方が増加し、治療を受ける患者さんの年齢も年々上昇しています。第三者の配偶子を用いる生殖医療やその後の妊娠・出産への支援、がん生殖なども当院では高いニーズがあります。不妊の問題を抱えている、または原疾患の治療のため妊孕性が低下・喪失する可能性のある個人やカップルに対し必要な情報提供や相談を行い、治療の自己決定ができるように支援します。

新生児集中ケア認定看護師

NICU(早産児や疾病新生児の集中治療室)に所属し活動しています。予備力が極めて小さく言葉で伝えることができない新生児看護で大切にしていることは、きめ細やかな観察とフィジカルアセスメントと正確な看護技術です。バイタルサインや皮膚色の変化などからニーズを考え、新生児自身の回復力や成長する力が最大限に発揮されるように、ご両親やチームメンバーと協力して取り組んでいます。

院内認定

退院調整看護師

高齢の患者さんや多様な疾患を持つ患者さんが多い高度急性期医療の中で、入院する前から退院後の暮らしを見据えた退院支援を、患者さんと目標を共有しながら医療チームで行うことが求められています。24時間患者さんの一番そばにいる看護師がリーダーシップを発揮して退院支援を行えるよう、看護師の教育や支援、医療者への啓発活動を行っています。