採用案内RECRUITMENT INFORMATION

勤務条件

勤務地 信濃町(新宿区) アクセス方法はこちら
勤務時間 病棟 日勤  8:00~16:30
準夜勤 15:00~23:30
深夜勤 23:15~8:15
手術センター 日勤 8:30~17:00
夜勤 16:00~9:00
職務内容 看護師業務・助産師業務

待遇・福利厚生

給与

職種区分 看護師
(3年課程)
看護大卒/
助産師
基本給 199,000円 215,000円
諸手当 96,180円 98,010円
合計
(2019年4月実績)
295,180円 313,010円

※諸手当には、準夜勤・深夜勤各4回勤務時の手当、調整手当等を含む。

賞与

年3回 6.4ヶ月程度(2018年度実績)

休日・休暇

  • 休日
  • 4週8休、「国民の祝日に関する法律」で定められた休日、年末年始(6日)、開校記念日、福澤先生誕生記念日

  • 休暇
  • 有給休暇(勤続6カ月以上10日、勤続1年以上14日、勤続3年以上21日)、季節特別休暇(9日)、慶弔休暇等

諸手当

通勤交通費手当、超過勤務手当、扶養家族手当 
など

社会保険

健康保険(慶應義塾健康保険組合)・厚生年金保険・雇用保険・労災保険等完備

福利厚生

選択型福利厚生制度・住宅等資金貸付制度・医療費貸付制度・子女教育ローン制度・財形貯蓄制度・グループ保険制度・直営保養所(伊豆高原・山中湖)・契約保養所(ラフォーレ倶楽部・プリンスホテル・三井不動産系ホテル)

  • 病院敷地内 1棟(全室個室)
  • ワンルームタイプ 徒歩圏 5棟

※独身寮
※男性はワンルームタイプのみ入寮可

お部屋訪問はこちら

子育て支援制度

  • 産前産後休暇(産前7週間、産後8週間)
  • 育児時間(生後満1歳に達するまで)
  • 育児休職(生後満3歳に達するまで)
  • 子の看護のための休暇
  • 短時間勤務制度
  • 子育て支援ネットワークミーティング
  • 院内保育所

休職支援制度

進学休職

医療・看護を取りまく環境の大きな変化に対応し、慶應義塾大学病院の臨床実践力の向上を図るために、年に5名程度の進学(研修)休職を認める制度があります。

進学休職制度を活用した大学院進学

Mさん

集中治療室で感染症患者への看護を多く経験し、易感染患者への感染予防の重要性と理想のケアと現実との差を感じ、専門的に感染症看護を学びたいと感じました。周囲からの勧めもあり感染症看護専門看護師を目指して大学院進学を決め、進学休職を選びました。おかげで2年間は集中して学習や研究を行うことができ、研究のための環境も提供していただけました。
進学した国立看護大学校では感染管理、感染症看護、研究について学び、個人及び集団に対する感染予防と感染症患者への高度な看護実践の知識を得ることができました。現在は所属病棟で意識障害患者に対する誤嚥性肺炎予防の看護ケアや手術部位感染対策について取り組んでいます。今後は専門看護師資格取得を目指し、将来的にはハイリスク患者も感染を起こさない病院を目標に院内全体の感染制御に従事したいと思います。

育児休職

育児のための一定期間(生後満3歳に達するまで)の休職を認めています。看護部には、育児休職制度を利用したのちに復職し、家庭と仕事を両立させながら活躍している看護師が大勢います。出産・育児を通して人間に深みを増した看護師は、チームの中でとても大きな役割を発揮しています。スムーズに仕事に復帰できるよう支援する体制(子育て支援ネットワークミーティング)が整っていますし、まわりの職員も積極的にサポートしてくれる風土があります。

スタッフや家族に支えられて仕事と家庭を両立

Fさん

2011年に入職し2016年に出産、2018年4月から循環器病棟に復職しました。妊娠中は心臓血管外科病棟で働いており、介助が必要な患者さんが多かったのですが、スタッフのサポートを得て産休まで休まずに仕事を続けることができました。
1年半休職しており復職が近づくにつれて不安が強くなりましたが、シミュレーションラボにてDVDを視聴して実際に採血や点滴挿入などの手技を復習することができ、また、子育て支援ネットワークミーティングにて既に復職した先輩方の体験談を聞き、今後復職予定の人たちと話をすることで、復職に対し前向きな気持ちを持つことができました。
復職後は短時間勤務で働いています。両立は大変で、スタッフや家族に支えららえて仕事ができていると感じますが、同時に看護の楽しさややりがいを再認識でき、これからも仕事を続けていきたいと考えています。

介護休職

配偶者・父母・子など2週間以上の期間にわたり常時介護を必要とする場合に取得できます。