先輩紹介SENIORS

新人看護師インタビュー

  • Aさん HCU
    群馬大学卒業
  • Bさん 小児科病棟
    慶應義塾大学卒業
  • Cさん 循環器内科、腎臓内分泌・代謝内科病棟
    大和大学卒業
  • Dさん 手術・血管造影センター
    埼玉県立大学卒業
  • Eさん 消化器外科・内科、
    血管外科病棟
    慶應義塾大学卒業
Aさん 「当院のインターンシップに参加した際、現在所属のHCUを見学しました。忙しいなかでもスタッフ全員が基本的な手技や確認行動を大切にしていたことが印象的で、こうした現場で経験を積みたいと思いました。また、看護師同士の連携も取れており、チームワークのよさがわかりました。アットホームな雰囲気で、困ったことも相談しやすい環境が整っていることを実感し入職を決めました」
Bさん 「就職にあたっては、さまざまな疾患や最先端の医療を学べる大学病院で看護師としてのキャリアをスタートしたいと思っていました。実習先が当院だったため、病棟の雰囲気を自分の目で確認することができました。教育体制が充実しており、ステップアップできる環境があることもわかり、この病院で働きたいという気持ちが強まりました」
Cさん 「関西出身ですが、就職を機に自立したいと思い東京での就職を希望しました。当院のインターンシップに参加して、患者さんに笑顔で接する先輩たちの態度やチームで患者さんを理解してチームナーシングを実践していること、全員が責任を持って患者さんと向き合っている姿などを見て、この病院で働きたいと思いました」
Dさん 「学生時代から急性期医療に興味があったため、高度急性期医療を提供している当院のインターンシップに参加しました。現在配属されている部署で、生き生きと働いている先輩たちの姿を見て、一緒に働きたいという気持ちになりました。入職の決め手は、レベルの高い医療に触れ、やりがいのある仕事に就きたいと考えたこと、看護師が働き続けられる制度があることでした」
Eさん 「私は患者さんとご家族の多様なニーズに応えられるジェネラリストナースを希望していたため、当院への入職を決めました。大学で学ぶ中で、包括的に患者さんと向き合えるジェネラリストナースに魅力を感じたからです。当院は高度かつ最先端の医療を提供しており、多職種と連携する中で看護師の役割を発揮できると感じたことも理由のひとつです。学生時代、ともに過ごしてきた仲間が多く在籍していることも心強く感じました」
Aさん

就職活動の際は、志望病院を3つに絞って検討しました。インターンシップに参加したときの印象が当院への入職の決め手になりました。

Aさん 「配属された病棟は、疾患が多岐にわたるため、さまざまな領域の知識の習得が必須となります。集合研修のフィジカルアセスメント研修では、幅広い領域のアセスメントを学べて勉強になりました。観察ポイントなどを記載した資料は、今でも使用する場面があり、役立っています。プリセプターとは毎月の課題や目標を明確に設定し、クリアできるよう勉強の進め方などのアドバイスを受けています。日々、自分の行動の振り返りを先輩と行い、次のケアに活かしています」
Bさん 「新型コロナウイルスの影響で集合研修の短縮はありましたが、どの診療科でも必要とされる基本的な看護技術や医療人・社会人として必要な知識や作法を学ぶことで、現場に立つ前の具体的なイメージトレーニングをすることができました。プリセプターは業務中の指導だけでなく、睡眠は取れているか、不安なことはないかなど、精神面のサポートもしてくれるので、非常に心強く感じています」
Cさん 「集合研修は短縮されましたが、与薬管理や点滴管理など、実践で必ず行う技術の研修は役立ちました。フィジカルアセスメント研修では、他病棟の疾患を学べて視点が広がりました。現場ではプリセプターからの指導と、リーダーからのフォローを受けています。プリセプターとは定期的に振り返りを行う機会があり、ミスの原因を確認し今後のアドバイスを受けられました。自分自身の良い点、悪い点を客観的に見て、自分に合わせた道筋を示してくれるのでありがたいです」
Dさん 「集合研修はグループに分けて実施しましたが、内容は充実していました。現場では、現在、器械出しの業務を行っていますが、その日の担当者から指導を受けています。プリセプターは“大丈夫?”“どうだった?”など、常に気にかけてくれますし、プリセプターだけでなく部署全体で指導をしてくれるので安心でした。業務中に困ったこと、悩んだことなども相談でき、不安はありません。毎回、手術の振り返りとともに、次の手術の術式や解剖生理などを学んでいくことが求められますが、先輩たちのサポートのもと、意欲的に働けています」
Eさん 「フィジカルアセスメント研修は現場に即した内容で、自分に不足している部分を確認できました。また、接遇研修は社会人・組織人としての振る舞いや心構えなどを身につけることができ、実践に結びつきました。病棟ではプリセプターだけでなく、スタッフ全員で新人の成長をサポートしてくれています。中でも、自分の性格を理解して指導してくれるプリセプターの存在が大きいと感じています。ミスをしたときも振り返りで一緒に原因を考え、フィードバックを受けて、対応方法など具体的な支援を得られました」
Bさん

仕事がうまく進まないとき、先輩が一緒に解決策を考えてくれたので、頑張っていこうと前向きな気持ちになれました。

Aさん 「急性期の患者さんを受け持ち、ケアや全身状態のモニタリングを行っています。患者さんの状態が変化しやすい中、全身の観察を行うことで、合併症の予防と早期発見に努めています。その後のリハビリでは理学療法士や患者さん自身と相談しながら目標を設定していきます。手術直後はつらそうだった患者さんが歩けるようになり、リハビリを行えるまで回復する姿を見られると、少しでもその過程にかかわり、サポートできたことがやりがいにつながっています」
Bさん 「患児の体調の観察やアセスメント、配薬、点滴操作、日常生活のサポートなど幅広く携わっています。小児科は年齢や発達段階が異なり、あらゆる疾患の患児が入院しているため、ケアや処置の介入の仕方やかかわり方も個別性のある対応が求められます。患児自身が頑張って疾患に向き合おうと思えるように導けたときの達成感は大きく、やりがいを感じています」
Cさん 「病棟では短期間の検査入院の方や、長期間にわたって入院される方、入退院を繰り返す方もいます。心不全などのリスクを抱えている患者さんには、退院前の生活を考慮したうえで退院後に向けた指導をするよう心がけています。また、医師だけでなく薬剤師、管理栄養士、理学療法士など、多職種との連携も不可欠で、専門的視点から患者さんをサポートしています。患者さんから、話しやすいのでよかった”“ありがとう”などの言葉をもらえることが、モチベーションにつながっています」
Dさん 「現在は、手術中に医師に手術器械を渡す器械出し看護師として手術に携わっています。解剖生理や術式など学ばなければならないことが多く、日々研鑽を重ねています。実践や自己学習を行っていくことで、手術内容も把握できるようになります。次の術展開を予測して必要な物品をスムーズに用意でき、手術が無事に終了したときに、やりがいを感じます。今後は外回り看護師として、手術全体を見られるようになることが目標です」
Eさん 「勤務する病棟では、消化器系内科や血管外科の急性期の患者さんが多く、手術前・手術後から、退院までのケアを提供しています。手術前は清潔ケアや服薬管理、手術に対する不安を軽減して前向きになれるよう精神面のサポートを実施しています。術後は疾患に合わせた管理が求められ、感染症対策や、わずかな変化も見逃さない観察力など、回復に向けたサポートを行っています。患者さんやご家族の思いを傾聴し、信頼関係が築けたときに喜びを実感できます」
Cさん

患者さんは病態も生活背景もさまざまなので、入院中だけでなく退院後まで見据えた個別性のある対応を心がけています。

Aさん 「現在は寮生活です。帰省も友人たちとの食事もできない状況のため、休日の天気がいい日には、散歩に出かけています。東京はまだ知らない場所が多いのですが、病院周辺は環境がよく立地もいいため、行動範囲が広がり気分転換になっています。家にいるときは、洋画・邦画を問わず幅広いジャンルの映画鑑賞や、好きなアーティストの動画を見て過ごしています」
Bさん 「外出をできるだけ控え、休日は自宅で家事をまとめて行ったりしています。アイドルやバンドなど、音楽系のライブ動画を見ることでリフレッシュしています。また、家族や学生時代の友人とビデオ通話を行いながら、ゆったりとした時間を過ごしています。状況が落ち着いたら、実家へ帰省したいと思っています」
Cさん 「現在は友人と出かけることも難しいため、家で読書や映画鑑賞をすることでリラックスした時間を過ごしています。ジャンルとしてはミステリーものが気に入っています。夜景を見ることが好きなので、東京のきれいな夜景を見に行きたいと思っています」
Dさん 「初任給で、好きだったマンガを50巻まとめて大人買いしました(笑)。オフの日は家でゆっくり好きなマンガや本を読んで過ごしています。サスペンスやミステリーなどの映画を観ることも好きです。ふだんは手術という緊張感がある業務のため、家で落ち着く時間を持つことでリフレッシュしています」
Eさん 「オフタイムは、ほとんど寮の自室で映画を観て過ごしています。帰省もできないため、家族や友人とはLINEやメールで近況報告をしてコミュニケーションを図っています。買い物のついでに神宮外苑や新宿御苑を散歩することも。信濃町周辺は都心でありながら、緑が多く過ごしやすい環境です。将棋が好きなので、将棋会館がある千駄ヶ谷に徒歩で行けることも気に入っています。病院の図書館も近いので、勉強しやすい環境も魅力です」
Dさん

ミステリー系のマンガや小説が好きでよく読みます。休日に仕事を忘れて読書に没頭することがリラックスにつながっています。

Aさん 「今後は細かな変化にも気づけるよう、不足している知識や技術を習得すると同時に、何事にも根拠を持った看護を提供し、さまざまな領域で活躍できる看護師になりたいと考えています。将来は、終末期看護や老人看護などの領域で患者さんをサポートしたいと思っています。身近にいる尊敬できる先輩の存在によって、目標が明確になりました」
Bさん 「患者さんが安心して安全な療養生活を送れるよう、さまざまな事例を通じて、必要な看護技術や身体の知識の習得と、心のケアを学んでいきたいと思います。疑問点や不安に思ったことは、必ず医師や先輩に報告・連絡・相談し、自律した一人の看護師として責任をもって患者さんとかかわっていくことが目標です」
Cさん 「現在は先輩からのアドバイスを受けながら、個々の患者さんに合わせた看護を提供していますが、知識・技術を習得して、いずれは自分自身で患者さんに最適な看護を考えられるようになることが目標です。そのためにも疾患に関する知識を獲得し、アセスメント能力を高めたいと思います。同時に患者さんの不安な気持ちに寄り添い、サポートできる看護師として成長したいと思います」
Dさん 「現在は手術の術展開が勉強の中心ですが、先輩からの指導を受けながら、さらに術式に応じた必要なスキルや知識を深めたいと思います。そして幅広い視野を持って患者さんを全人的にとらえるとともに、コミュニケーション能力を高め、手術を受ける個々の患者さんの不安な気持ちに寄り添える看護師に成長することが目標です」
Eさん 「目標は慶應チームナーシングの一員として、メンバーとしての役割を果たすことです。そのために看護技術を習得し、自己の課題を改善し役割を拡大していくことが必要だと感じています。根拠に基づいた確かな看護技術は、患者さんからの信頼につながり、自分自身のやりがいにもつながるからです。病棟には肝移植の患者さんも多いため、移植の患者さんを受け持ち、全人的な看護を行えるよう、しっかり学んでいきたいと思います」
Eさん

まずは基本的な看護技術をしっかり習得し、メンバーとしての役割を確実に果たせるようになることを目指して日々努力しています。

「ぜひ一緒に働きましょう!
お待ちしています。」