先輩紹介SENIORS

2年目看護師座談会

座談会メンバー

  • Aさん 3号館南外科病棟
    慶應義塾大学卒業
  • Bさん 血液内科
    杏林大学卒業
  • Cさん 神経内科、耳鼻咽喉科、
    歯科口腔外科
    西南女子学院大学卒業
  • Dさん ICU
    慶應義塾大学卒業
  • Eさん 小児科・小児外科
    北里大学卒業
Bさん 「当院のインターンシップに参加したとき、患者さんやご家族へのかかわり方が印象的でした。忙しいなかでも患者さんに目線を合わせて話を傾聴することで、患者さんも安心した表情になり、信頼関係が築けていることを実感しました。また、看護師だけでなく他職種とのミーティングも活発で、連携もスムーズで働きやすいと感じました。この病院なら患者さんやご家族に寄り添った看護が提供できると思い、入職を決意しました」
Eさん 「私は一般大学を卒業した後、看護師を目指し学士編入をしました。きっかけは私自身が病気になり、患者さんに寄り添える医療者になりたいと思ったからです。私も当院のインターンシップに参加したのですが、そこで発達モデルを使用した独自の教育システムがあることを知りました。経験年数ではなく、個々の経験や目標、習熟度に応じた成長を支援する研修プログラムがあるため、一人ひとりの看護師に合ったサポートが受けられる環境が自分に合っていると感じてここで働きたいと思いました」
Aさん 「私もEさんと同じように、研修プログラムの充実が決め手になりました。大学の先輩からも話を聞いていましたが、1年目の集合研修は基本的な看護技術から段階的に学び、その後も自分の到達度や目標に合わせた研修を選択できるため、自分のペースに合わせて成長できることが魅力でした」
Cさん 「私は学生時代から、患者さんのニーズに的確に応えられる看護師になりたいと思っていました。当院のインターンシップに参加し、患者さんの声に真摯に耳を傾ける看護師の姿を見て、個別性のある看護を提供していることを実感しました。私もこのような医療現場で看護を行いたいと思ったことが決め手となりました」
Dさん 「出身が愛媛県なので、初めは地元での就職も考えましたが、希望していた急性期看護の基盤を築くためには、当院が最適だと感じました。また当院の実習に参加したとき、他職種や部署間で密にコミュニケーションを図りながら、患者さん中心の看護・医療を実現していることもポイントでした」
Aさん

病院選びの際は5病院ほど検討しました。出身が慶應大で実習も当院で行ったため、入職後のイメージが描きやすいことも魅力でした。

Eさん 「さまざまな研修が実施されるなかで特に印象的だったのが、実際の現場と同じ状況で演習を行うフィジカルアセスメント研修です。私が勤務する小児科では、子どもが自分の訴えを言葉にして伝えることが難しいため、現在ある情報から何を意図して、どのように優先順位をつけて観察するか判断しなければなりません。実践に即した研修なので現場でもすぐに活用でき、プリセプターや先輩の指導を受けながら実践を重ねていくことができました」
Cさん 「私は静脈注射研修が印象に残っています。講義で必要な知識を学んだうえで演習を実施し、シミュレーターを用いながら練習を重ねられるので自信につながりました。プリセプターとは1対1で話す機会も多く、研修受講後も振り返りを行う機会もあったため、技術を着実に身につけることができました。年齢は少し離れていましたが、母親のようで安心感があり、いつでも相談や質問ができたので心強い存在でした。私は注意散漫な部分があったため、しっかり確認しながらケアを行うことの必要性など、性格を理解したうえでアドバイスを受けられることも助かりました」
Aさん 「自分の性格や傾向を理解した上でアドバイスをいただけると、気づきが多いですよね。プリセプターは私の足りない部分を身につけられるよう、一緒に考えて指導してくれたので精神的にも安心でした。私は物事を具体化することが不得意なため、初めは患者さんの情報収集も中途半端な状態でした。どうすれば個別性のあるケアができるか、患者さんの小さな変化にも気づくよう心がけることで、視野が広がりました。集合研修では、私もフィジカルアセスメント研修が役に立ちました。研修前にiPodで不安な部分を視聴して臨めるので、確実に身につけられました。また、実践の風景を録画して同期で意見交換を行うので、病棟でもスムーズにケアに取り組めました。」
Dさん 「集合研修では基本的な知識やマニュアルに基づいた技術を習得することができました。研修全体を通して、先輩たちが細やかに指導してくれたことが印象的でした。1年目はHCUでしたが、清潔ケアやリハビリなど、ケアの組み立て方を学べ、業務が明確になりました。プリセプターとは、毎月の課題や目標を共有する場がありました。疾患も多岐に渡るため、初めは何を勉強したらいいかわからなかったのですが、勉強方法のアドバイスを受けられるなど、いつでも相談に乗ってもらえました」
Bさん 「皆さんが話しているように、私もフィジカルアセスメント研修が記憶に残っています。模擬患者の協力のもとで、実際の臨床現場に近い状況で緊張感を持ちながら実践できるため、患者さんの訴えを聞いてアセスメントを深めることができました。病棟ではプリセプターだけでなく他の先輩もフォローしてくれるので、足りない部分を補うことができ、成長につながったと実感しています。Aさんの話の通り、iPodを使用して自己学習できるので通勤時間や空き時間に自分のペースに合わせて技術の振り返りが行えたのもよかったと思います」
Dさん

プリセプターには成長した点を一緒に喜んでもらえ、プラスのフィードバックを受けられたので自信につながりました。2年目にICUに異動してからも、プリセプターは心の支えです。

Cさん 「現在は、手術後の患者さんや脳梗塞などで寝たきりの患者さんの全介助が主な業務です。ケアを行う際には、同じ疾患でも一人ひとり、痛みや症状も異なるため、個別性のあるケアの提供を心がけています。1年目は何もできない自分に落ち込んでいましたが、先輩とともに患者さんの退院に向けてのサポートを行った結果、患者さんから“ありがとう”と笑顔で言われたときにやりがいを感じ、自分自身も頑張ろうという気持ちになりました」
Bさん 「患者さんからの言葉は励みになりますね。以前、移植後も長期間入院されている患者さんに対して、患者さんの頑張りを理解していることを伝え、その思いを受け止めてかかわりました。“あなたが担当だとホッとするし、頑張れる”という言葉をもらえたことは、今でも心に残っています。病棟には長期入院をされている患者さんが多くいらっしゃいます。抗がん剤や移植など、治療に対する不安は計り知れません。患者さんがどんな思いでいるか、話を傾聴することを常に心がけています」
Aさん 「私が所属している病棟では、手術や抗がん剤投与で入院される患者さんが多く、疾患は多岐に渡ります。患者さんの退院後の目標に応えられるよう、医師や理学療法士と退院までの具体的な計画を立て、患者さんが回復する姿を見ることが喜びであり、同時に元気をもらえます。ケアを行う際は、皆さんと同じように患者さんの声を聞くことを大事にしています。患者さんの思いを受け止めて自分に何ができるか、2年目になって特に意識するようになりました」
Dさん 「私はHCUからICUに異動になったのですが、皆さんと違って患者さんと会話ができない状況に戸惑い、どう対応すればいいか悩みました。ご家族からその方の性格や考え方を聞き、ご家族と過ごしている様子を観察することで、少しずつ理解していきました。数分で状態が急変することもあるため現場は緊張の連続ですが、常に患者さんを観察しアセスメントしています。徐々に回復され、転床したときや点滴やドレーンが減ったときに、少しでも自分のかかわりが活かされているのかなと感じられるようになりました。同時に患者さんに対しての責任感も生まれています」
Eさん 「現在は学童期・青年期の子どもたちがいる病棟の外科チームに所属し、手術や検査を受ける患者さんとかかわっています。処置を行う際には、個々の性格や理解度に合わせた説明と声かけが必要で、治療に対して納得して臨んでもらうことが大切です。子ども自身の訴えをキャッチし、可能な限り主体的に取り組めるよう意識しています。痛いからと点滴を嫌がっていた子が、素直に受けられるようになるなど、日々成長していく姿に携われることが仕事のやりがいであり、原動力となっています」
Cさん

これまで歩いていた方が寝たきりになってしまうこともあり、精神面のサポートが重要です。患者さんの話を聞き、向き合うことを大切にしています。

Aさん 「休日は他病棟の同期や大学時代の友人と、休みの日を合わせて食事に行くことが多いですね。連休のときは、旅行にも出かけています。仕事の悩みなど、理解し合える部分も多いため、たくさん話すことで明日から頑張ろうという気持ちになります。またミュージカルが好きなので、定期的に鑑賞してリフレッシュしています」
Dさん 「私も同期のメンバーと食事に行くことが多いです。日ごろ感じていることや学んだことを共有するだけでなく、仕事とまったく関係ない話をして気分転換しています。横浜のみなとみらいを散策したり、1泊2日の温泉旅行や愛媛の実家に帰省したり、アクティブに行動しています」
Bさん 「私も同期と食事やおしゃれなカフェに行ったり、大学時代の友人と会ったりしています。社会人となり念願だったディズニーリゾートの年間パスポートを購入したので、月1回以上は遊びに出かけています(笑)。音楽が好きなのでライブに行くことも多いですね。平日休みや夜勤明けに出かけ、時間を有効に活用しています」
Eさん 「私の趣味はプロ野球観戦で、ジャイアンツを応援しています。神宮球場や東京ドームにも近いので、シーズン中は仕事終わりやオフの日に、野球好きの友人や先輩たちと観戦に行きます。昨シーズンは15試合ほど観に行き、充実した時間を過ごしました」
Cさん 「皆さんと同じですが、私もオフタイムは学生時代の友人と食事に出かけリフレッシュすることが多いです。勤務のある日は職場の先輩たちと病院周辺で食事をして、コミュニケーションを深めています」
Bさん

学生時代にバンドを組んでいたこともあり、ロックフェスやライブに出かけてストレスを発散しています。オンとオフの切り替えができる環境が気に入っています。

Dさん 「先輩たちの支援を受けながら徐々にできることが増え、患者さんに貢献できたときに成長を感じます。今後は、さまざまな視点から患者さんの全身状態をとらえ、根拠あるケアを実践することが目標です。そして常に患者さんの気持ちを考えて行動できる看護師でいたいと思っています」
Bさん 「当院はチーム医療が活発に実践されています。医師や看護師だけでなく、理学療法士や管理栄養士、薬剤師など、さまざまな職種が患者さんにかかわっています。今後も他職種との連携を密に図りながら、個々の患者さんに合った看護と医療を提供していきたいと思います」
Eさん 「病棟ではチームの先輩たちを中心に、早期から退院調整や退院指導が実施され、患者さんやご家族の意向に沿った安全な生活ができるようサポートしています。まだ直接退院指導にはかかわっていませんが、いずれは患者さんやご家族に寄り添い、最適な療養生活を考えられるよう、知識を深めていきたいと考えています」
Cさん 「1年前と比べると任せてもらえる業務が増えてきました。同時に、自分で判断して行動しなければならない場面も増えているため責任も感じています。まだすべてを自分で判断することはできないので、先輩に確認しながら1年目に身につけた知識や技術を実践の場で活かし、頑張っていきたいと思います」
Aさん 「目標としている看護師像は、ひとつの情報だけにとらわれるのではなく、幅広い視野と知識を持って、患者さんに寄り添える看護を実践することです。そのためにも、さまざまな疾患の知識を身につけ、経験を積み重ね、情報収集能力やアセスメント能力を高めていきたいと思います」
Eさん

対象が子どもであっても本人の人格を大切に、納得したうえで安心して治療に臨めるようサポートできる看護師でありたいと思います。

「ぜひ一緒に働きましょう!
お待ちしています。」