先輩紹介SENIORS

新人看護師インタビュー

  • Aさん 脳神経外科病棟
    北里大学卒業
  • Bさん 循環器内科・
    心臓血管外科病棟
    東北大学卒業
  • Cさん 泌尿器科病棟
    慶應義塾大学卒業
  • Dさん 手術・血管造影センター
    慶應義塾大学卒業
  • Eさん 新生児科
    久留米大学卒業
Aさん 「入職のポイントは、発達モデルを使用した独自の教育システムがあることでした。個々の目標や習熟度に応じた研修プログラムがあるため、自分のペースで成長できる環境が魅力でした。働く際には人間関係も大事と考えていましたが、大学時代の先輩から先輩・後輩の壁もなく、スタッフ間の関係性も良いことを聞き、入職を決めました」
Bさん 「地元の病院など何病院か検討しましたが、看護師として成長するためには東京の病院で基礎を身につけた方がいいと考えました。当初は小児科を志望していましたが、実習を通して、一つの科を極めるより幅広く知識を付けることでより良い看護を提供できると思い方向転換をしました。そのときに当院のジェネラリストナースを知り、自分の目標とする看護師像に近いと思い入職を希望しました」
Cさん 「個々の習熟の段階に合わせた発達レベルに応じた教育体制があることが、志望動機となりました。私は看護師を長く続けたいと思っているため、限られた領域だけでなく多角的に患者さんと向き合い、患者さんのニーズを満たすことができる看護師を目標としています。ジェネラリストナースの育成を目指す教育環境と自分の目指すものが一致していたことが入職の決め手となりました」
Dさん 「手術の症例数が多く、高度かつ最先端の医療を提供している病院で専門的看護を展開できる手術室看護師としてスタートしたいという思いがありました。また、充実した教育環境の中で、ジェネラリストナースとして多くの学びを得られることにも魅力を感じました。実習先が当院だったため雰囲気もわかっていたので安心でしたし、先輩や同期が多いこともポイントでした」
Eさん 「就職は地元より、最先端の医療を学べる東京の病院で実力を付けたいと考えていました。東京の病院をいくつか検討した結果、当院は特定機能病院であり、現場で様々な疾患を学べること、個々のペースに合わせて成長できる発達モデルに沿った研修があることが魅力でした。また、仕事への集中力を切らさず勤務でき、オンとオフのメリハリが付けられる三交替勤務を希望していたことも理由の一つです」
Aさん

大学時代の先輩が慶應病院で看護師として働いており、実際の現場の雰囲気を聞いたことが入職の決め手になりました。

Aさん 「集合研修は5~6人のグループに分かれて実施され、点滴や与薬管理の流れなどを理解できました。忘れがちな部分や間違いやすい部分を確認でき、実践で活かすことができています。自主研修では病棟で使用する機会の少ない輸液ポンプなどの技術確認を行い、不足している知識・技術を補うことができました。現場ではプリセプターや部署全体でのサポートがあり、技術面だけでなく精神面のサポートも手厚いです」
Bさん 「集合研修は病棟と同様の環境で同じ物品を使用するため、具体的にイメージすることができ、配属後に病棟で緊張することなく実践できました。現場ではプリセプターから、技術面だけでなくどのような視点で看護を行うかという観察ポイントなど、熱心に指導を受けられます。プリセプターと一緒に1日の振り返りを行うことで自分の足りない部分とできていることが明確になり、次の目標につながっています」
Cさん 「集合研修は少人数のグループに分かれて手厚く指導を受けられたので、安心して知識・技術を習得できました。病棟配属後は、プリセプターから一つひとつの手技を安全に実施できるようサポートを受けられます。業務以外でも、気持ちの切り替え方、体調面なども気にかけてもらえ、精神的にも頼れる存在です。先輩から“1年目はわからなくて当たり前。何を聞いてもいいし、できないときは声をかけるように”というアドバイスを受けて気持ちが楽になりました」
Dさん 「集合研修では看護技術の基本を学びました。今後、外回り業務を実施する際に求められる、血圧測定や体位変換などは特に役立つ内容でした。現場ではプリセプターが付いてくれ、初めての手術の器械出しもマンツーマンで指導していただきました。プリセプターはいつも気にかけて声をかけてくれるので、何でも相談できる存在です。プリセプター以外の先輩たちからも温かいサポートを受けています」
Eさん 「集合研修では現場で使用している機器を、マニュアルを見ながら操作し確認できたため、現場での戸惑いがありませんでした。コロナ禍で3~4グループに分かれての研修でしたが、少人数のため質問もしやすく、集中して取り組めました。病棟ではプリセプターから1日の流れやケアについて学んでいます。食事や睡眠などの生活面も気にかけてもらえてありがたいです。部署全体でのサポート体制があるため安心して仕事に取り組んでいます」
Bさん

プリセプターはもちろんのこと、病棟全体で新人をしっかりフォローしてくれるのでとても心強い環境です。

Aさん 「私が所属する病棟には脳神経外科疾患の患者さんが多く入院されていますが、整形、循環器、消化器などの疾患を持つ患者さんにも対応するケースがあり、様々な病態や術式、看護処置を学ぶことができます。脳内に起こる出血は、外見からは確認できないため、意識レベルの変化や手足の麻痺など、主観・客観的評価の相違がないか確認していきます。観察力が求められますが、やりがいも感じています」
Bさん 「病棟では循環器内科の患者さんを受け持っており、検査や手術への送り出し、手術から帰室した患者さんの全身状態の観察を行っています。循環器疾患は生命に直接関わる疾患で身体の中枢となる臓器のため、わずかな異変を察知することが求められます。常に緊張感がある現場ですが、同時にやりがいも感じています。今後も疾患ごとに適切な観察力やアセスメント力を身に付けられるよう学んでいきたいと思います」
Cさん 「現在は指導者に付いてもらい、患者さんを受け持っています。退院時に患者さんからの“ありがとう”の言葉をいただいたときに喜びを感じます。腹痛があり排便がつらい患者さんに対して、データをもとに状況を見て、どうすれば苦痛を軽減できるか薬についての提案を行うなど、系統的にアセスメントできたときにやりがいを感じます」
Dさん 「現在は医師に手術器械の受け渡しを行う、器械出し業務を行っています。術展開や解剖生理などを事前に学習してから手術に臨みます。初めは緊張しましたが、経験を重ねる中で手術に対する理解が深まり、術展開を予測して器械出しが行えるようになってきたときに、やりがいを感じます。様々な手術を経験できることがスキルアップにつながっていますし、自信やモチベーションの向上にもなっています」
Eさん 「対象が新生児のため、自分の意思を伝えられない患児に対しては常にアセスメントを行い、日頃の様子と比較して状態を観察することが求められます。患児だけでなく、母親やご家族との信頼関係を築くことを大切にして、ご自宅に帰られたときに不安を感じないよう、退院後の生活を見すえた看護を提供しています。長期入院していた子から退院時に“ありがとう”という言葉をもらえると、看護師になってよかったと思えます」
Cさん

実習での学びは必ず仕事に役立ちます。病棟では、学生時代よりも患者さんと深く関われるのでやりがいを感じています。

Aさん 「東京での寮生活を始めてから日が浅く、寮周辺にどんな店や施設があるのかまだあまり把握できていません。休日は新宿御苑など病院の周辺を散策して土地勘を養っています。休日の散歩は自分にとって良いストレス解消になっています。感染予防のため様々な制限がありますが、友人とはビデオ通話でコミュニケーションを図っています」
Bさん 「現在は友人と外出することも難しいため、一人で寮周辺を散策して気分転換を図っています。信濃町周辺にはパン屋さんが多く、散歩の途中で立ち寄って美味しいパンを購入することも楽しみの一つとなっています。寮にいるときは、韓国ドラマや話題の映画などを観てゆっくり過ごしています」
Cさん 「現在はあまり外出ができないので、休日は家で映画を観て過ごしています。料理にもチャレンジしていて、お弁当を持参しています。自分自身の課題があるときは、ゆっくり睡眠を取った後、図書館に行って勉強することもあります。たまに家族と食事をすることがリフレッシュになっています」
Dさん 「天気がいい日には、気分転換に散歩に出かけます。家にいるときは、映画やドラマを見て過ごすことが多いです。友人とビデオ通話をつないで同時にドラマを再生し、感想を話し合いながら一緒に観ることもあります。現在の状況下ではなかなか難しいですが、落ち着いたら友人や同期と食事や遊びに出かけたいと思っています」
Eさん 「病院周辺には新宿御苑や国立競技場など、都心であっても緑が多く自然を感じられる場所に恵まれているので、休日は散歩に出かけています。カフェもたくさんあるので、カフェ巡りを楽しんでリフレッシュしています。初めての一人暮らしで初めは不安もありましたが、家族や友人とはテレビ電話で話せるので、あまり寂しさは感じていません」
Dさん

現在はプライベートで同期と過ごす時間がとれませんが、勤務後に手術室で勉強したり、情報を共有したりしています。

Aさん 「看護技術の自立を図るとともに、個々の患者さんの病態や術式に合わせた看護を提供できるようになることが目標です。そのために知識・技術・人柄を備えた看護師として成長したいと思っています。また、患者さんの個別性に目を向ける余裕も少し出てきたので、生活背景や生活習慣、性格などを含めた患者さんの全体像をふまえて、全人的にとらえられる看護師になりたいと思います」
Bさん 「様々な看護技術を習得できるよう実践を積み重ねています。まだ業務をこなすことで精いっぱいですが、今後は個々の患者さんに合わせた個別性のある看護を自分自身で考え、提供していくことが目標です。常に先輩に報告・相談しながら、どのような視点からアセスメントを行うかを習得していきたいと思います」
Cさん 「研修や現場で学んだことを確実に身につけ、技術的に成長することが現在の目標です。確実な技術・知識をベースに看護に対して誠実に向き合い、チームメンバーの一員として、信頼される看護師になりたいと思います。将来的には先輩たちのような指導者となることが目標です」
Dさん 「患者さんが安全に手術を終えられるよう、手術に携わるメンバーの一員としての役割を果たすことが目標です。そのために手術に対する知識・技術を深め、多職種との連携を図り、一人前の手術室看護師として成長したいと思います。患者さんを全人的にとらえ、手術中の血圧や全身状態などの観察を行い、患者さんの安全を守り、術中意識のない患者さんの代弁者となれるスキルを身に付けたいと思います」
Eさん 「患児だけでなく、ご家族を含めて総合的にアセスメントできる看護師として成長したいと思います。今はまだ先輩からのアドバイスを受けてアセスメントを行っていますが、早く独り立ちできるようになりたいです。また、病態生理や薬剤など知識が不足している部分も多いため、臨床経験と自己学習に励み、どんな疾患にも対応できる看護師になることが目標です」
Eさん

先輩のようにわずかな変化も見逃さず、多角的な視点から患児と家族をアセスメントする力を養いたいと思っています。

「ぜひ一緒に働きましょう!
お待ちしています。」