慶應看護の特徴FEATURES

専門領域看護師の機能

看護専門領域

慶應チームナーシングのリソースとして、看護の質の維持・向上に役割を発揮します。専門・認定看護師を看護専門領域看護師として認定し、組織の中で横断的に活動しています。専門・認定看護師は、専門性を活かし直接患者さんに看護を提供するとともに、院内の看護師の指導・教育および相談活動を行います。現在、日本看護協会が認定している21分野の専門・認定看護師と、1分野の院内認定看護師が活躍しています。
各専門領域の看護活動を見る

専門看護師(6領域11名)

専門分野 人数(2019年現在)
感染症看護 1
精神看護 2
急性・重症患者看護 2
老人看護 1
がん看護 2
小児看護 1

認定看護師(15領域32名)

専門分野 人数(2019年現在)
感染管理 2
皮膚・排泄ケア 5
集中ケア 3
救急看護 3
透析看護 2
糖尿病看護 2
摂食・嚥下障害看護 2
慢性心不全看護 1
緩和ケア 2
がん性疼痛看護 2
がん化学療法看護 4
乳がん看護 1
不妊症看護 1
新生児集中ケア 1
手術看護 1

院内認定(1領域1名)

専門分野 人数(2019現在)
退院調整 1

専門領域看護師による教育と研修

看護専門領域の看護師が各分野において、院内の全看護師を対象に研修を行っています。ジェネラリス ト・ナースとしていかなる領域・対象においても必要な看護を実践できる能力はもちろん、専門分野におい て高度な看護を実践できる能力を養うことも可能な研修プログラムを計画・実践しています。
看護専門領域研修を見る

専門領域看護師の活動実績

院内における活動実績

専門看護師活動件数(2018年度)

   
実践 629人 倫理調整 62件
相談 580件 教育 46件
調整 71件 研究 9件

認定・院内認定看護師活動件数(2018年度)

実績 2211人
相談 148件
指導(個人) 849件
指導(部署) 1380件

看護専門領域看護師の活動に関連した診療報酬年次算定件数