• 教育支援体制の紹介
  • 学会

学会

2016年度の実績

日本看護学会(日本看護協会主催学会・学術集会)参加者:41名

学会名 参加人数
看護管理 2
看護教育 1
慢性期看護 5
精神看護 2
急性期看護 14
在宅看護 1
日本看護診断学会 3
日本手術看護学会 2
日本がん看護学会 8
日本小児がん看護学会 1
日本助産学会 2

自主研究の学会発表数とテーマ

学会発表者の声

学会名 発表数 テーマ
第59回 糖尿病学会 1 SAP・CSIIの外来導入 ~チームを生かした患者指導~
第47回 日本看護学会 在宅看護 1 小児トータルケア・コーディネーターの実践型教育プログラムの開発(第3報) ~受講生のグループインタビューの結果から~
第22回 看護診断学会 1 「親役割葛藤」の関連因子の妥当性の検討
第34回 日本肝移植研究会 2 脳死肝移植における当院レシピエント移植コーディネーターはどう役割発揮するか ~待機中の病状把握と迅速なランクアップ~
小児肝移植患児の自己管理体勢の構築に向けた取り組み ~野外教育活動を通して~
第22回 看護診断学会 1 看護診断別標準看護計画の活用の実態と課題
日本集中治療学会 関東甲信越地方会 1 患者の機能を低下させない取り組み ―低侵襲手術(EVAR)を受けた患者に対する術直後からのADLの拡大―
第23回日本門脈圧亢進症学会総会 1 IVR予約入力・会計システムとの連動を目指した看護師主導のIVR準備資材リストの作成と導入
日本心不全学会 1 当院におけるTAVI患者の実態調査 ―栄養状態を中心に各因子との比較―
第14回 日本小児がん看護学会 2 子どもの主体性を引き出すための援助 ~意思表示の乏しかった学童の一例~
プレパレーションが奏功した神経芽細胞腫の3歳女児例
第52回 日本移植学会 1 術前に心不全を合併した小児生体部分肝移植患者の術後急性期の看護
第32回 日本静脈経腸栄養学会 1 術後合併症のため全身状態不良となった患者のADL拡大に向けた栄養管理の一考察
第44回 日本集中治療学会 1 経口挿管中から実施できる早期嚥下機能訓練
第10回カプセル内視鏡学会学術集会 1 大学病院における看護師のカプセル内視鏡業務の現況
第32回 日本環境感染学会 2 病院建物工事におけるアスペルギルス感染予防対策について
NICU・GCUにおける他院出生児に対する感染予防策の検討
第31回 日本がん看護学会 4 子育て中のがん患者支援に関する看護師の認識と支援への啓発活動の影響
皆で考えよう、子育て中のがん患者と家族、子どもへの支援!Part2
子育て中のがん患者の支援に対する看護師への教育活動の効果
化学療法を受ける女性乳がん患者の経口制吐剤服薬アドヒアランスとCINVとの関連
第22回 日本集団災害医学会学術集会 1 熊本地震における避難所巡回活動の報告 -避難所管理者と行政の間で認識の相違を認めた事例-

学会発表者の声

第44回 日本集中治療学会 口演発表

経口挿管中から実施できる早期嚥下機能訓練

Mさん

GICUには人工呼吸器管理を必要とする重症患者さんが多く入室します。一般病床に移った後に口から水や食べ物を食べられるように今私たちができることはないかと思い、今回の取り組みを始めました。
私たちは他職種と協働し「早期嚥下機能訓練プロトコール」を作成しました。それはGICUで日常的に行っている口腔ケア、体位変換、リハビリテーションなどの看護ケアを嚥下機能訓練の一環として意義付け体系化したものです。具体的には3日以上経口挿管し、意思疎通が図れる患者さんを対象に3種類の訓練を行います。訓練の内容は ①口腔器官の保清・機能維持を目的とした舌運動、②頚部拘縮予防を目的とした頚部可動域訓練、③喉頭挙上に関わる筋群の維持・廃用予防を目的とした頭部挙上訓練です。口と喉を通して経口挿管チューブが入っているので、患者さんに苦痛がないか確認しながら訓練しました。今後は早期嚥下機能訓練プロトコールの定着と、その内容を当院の標準看護計画「嚥下障害」に組み込むことを目指しています。
口から食べ物を食べる、というのは生きる上でかけがえのない行為です。患者さんの持っている機能をできる限り低下させず維持し、患者さんが望む生活を送れるようにより良いケアを考え提供していきたいと思います。

西川 麻衣
Copyright © Keio University. All rights reserved.本サイト掲載文章および写真の無断転載を禁じます。