教育支援体制EDUCATION SYSTEM

看護専門領域研修

看護専門領域の看護師がそれぞれの分野において、院内の全看護師を対象に研修を行っています。ジェネラリスト・ナースとしていかなる領域・対象においても必要な看護を実践できる能力はもちろん、専門分野において高度な看護を実践できる能力を養うことも可能な研修プログラムを計画・実施しています。

看護専門領域研修一覧

  • 皮膚・排泄ケア

    [基礎]第1回褥瘡ケア院内セミナー 褥瘡のでき方・治り方

    【研修目標】 褥瘡ケアが適切に行えるために創傷治癒理論を理解する。

    [基礎]第2回褥瘡ケア院内セミナー 褥瘡ケア

    【研修目標】 褥瘡ケアが適切に行えるために創傷治療理論を理解する。

    [基礎]第3回褥瘡ケア院内セミナー 褥瘡の治し方

    【研修目標】 褥瘡ケアを適切に行うために褥瘡の治療方法を理解できる。

    [基礎]第4回褥瘡ケア院内セミナー リハから見る褥瘡予防栄養管理

    【研修目標】 褥瘡予防のリハビリができるためにポジショニング、移乗方法を理解する。
    褥瘡ケアが適切に行えるために栄養管理方法を理解する。

    [応用]褥瘡ケアフォローアップ研修(全3回)

    ・病的骨突出、関節拘縮患者の褥瘡看護
    ・座位によるずれが加わった患者の褥瘡看護
    ・DTI疑いの褥瘡看護

    【研修目標】 個々の褥瘡保有者に合わせた適切なケアをするために、様々な状況の褥瘡の評価、対処方法を理解する。

    [基礎]排尿ケア講習会

    【研修目標】 排尿ケアの基本を理解できる。
  • がん看護

    [基礎]がんサバイバーシップから繋がるACP

    【研修目標】 がんサバイバーシップ・ACPの基礎知識を得る。

    [基礎]緩和ケア①呼吸困難・鎮静・悪液質について

    【研修目標】 がんに伴う身体症状のマネジメントを理解する。

    [基礎]緩和ケア②看護師だからできるがん疼痛マネジメント

    【研修目標】 看護師が行うがん疼痛マネジメントにおいて最も重要なアセスメント方法について理解できる。

    [基礎]がん薬物療法の安全な投与における習得すべき知識

    【研修目標】 安全にがん薬物療法の投与管理をするために、がん薬物療法の基礎的知識・技術を習得する。

    [基礎]がん薬物療法を受ける患者を支援するための知識

    【研修目標】 がん薬物療法を受ける患者の療養生活を支援するために必要な知識・技術について理解する。

    [基礎]がんサバイバーへの生活の視点からの支援

    【研修目標】 がんサバイバーの社会生活における問題と看護師ができる支援について知る。

    [応用]①がん患者とのコミュニケーション・スキルを学ぼう

    【研修目標】 患者の感情・思いの表出を促し対応するための基本的コミュニケーションスキルについて
    理解する。

    [応用]②がん患者への意思決定支援を学ぼう

    【研修目標】 がん患者の意思決定における看護師の役割について理解する。

    [応用]③がん患者の苦痛を包括的にアセスメントしてみよう

    【研修目標】 がん患者の苦痛を包括的にアセスメントするために必要な知識・技術について理解できる。
  • 緩和ケアリンクナース

    [アドバンス]第1-5回がん看護研修緩和ケア①②及び応用①②③

    【研修目標】 がんに伴う身体症状のマネジメントを理解する。
    看護師が行うがん疼痛マネジメントにおいて最も重要なアセスメント方法について理解できる。
    患者の感情・思いの表出を促し対応するための基本的コミュニケーション・スキルについて理解する。
    がん患者の意思決定における看護師の役割について理解する。
    がん患者の苦痛を包括的にアセスメントするために必要な知識・技術について理解できる。

    [アドバンス]第6回基本的緩和ケア、専門家への橋渡しとは?

    【研修目標】 緩和ケアと専門的緩和ケアの違いを知り、緩和ケアリンクナースとしての役割を理解できる。

    [アドバンス]第7回緩和ケアチーム同行実務研修

    【研修目標】 緩和ケアチームの役割について理解する。
  • 精神看護
    以下を部署のニーズに応じて部署単位で実施

    [基礎]抑うつや不安の強い患者へのケア

    【研修目標】 抑うつや不安の強い患者への接し方・セルフケアへの援助方法などを理解できる

    [基礎]希死念慮がある患者・自殺企図後の患者へのケア

    【研修目標】 希死念慮がある患者や自殺企図後の患者への接し方と自殺のリスクについてアセスメントする方法について理解できる

    [基礎]認知症研修 〜概論〜

    【研修目標】 認知症とはどんな病気か、その種類や基本的な対応法について理解する。

    [基礎]認知症研修 〜事例で認知症ケア・倫理について考えよう〜

    【研修目標】 認知症を持つ患者の事例を通して、ケア方法またその倫理について考えることができる。

    [基礎]認知症研修 〜認知症患者さんの体験をしよう〜

    【研修目標】 認知症を持つ患者さんの模擬体験を通して、認知症患者さんの理解を深められる。

    [基礎]認知症患者さんの意思決定支援について

    【研修目標】 認知症患者さんの意思決定支援で、患者さん本人・家族などの代理意思決定者とともに行うべきこと、確認すべきことが理解できる。
  • 急性重症・精神看護
    以下を部署のニーズに応じて部署単位で実施

    [応用]せん妄研修 ロールプレイ

    【研修目標】 ロールプレイをしながらせん妄のアセスメント、ケアを実践できる。

    [応用]せん妄研修 今すぐ使えるせん妄対応

    【研修目標】 コミュニケーション技術による興奮状態への介入法について理解し、ロールプレイを用いた患者体験ができる。
  • 急性期ケア

    [基礎]第1回急性期ケアのためのフィジカルアセスメント

    【研修目標】 急性期患者の安静臥床による全身への影響を理解し、フィジカルアセスメントができる。

    [基礎]第2回呼吸ケア①呼吸を整える ②気道浄化を助ける

    【研修目標】 臥床している急性期患者の浅い呼吸の要因から必要な看護が実践できる。
    急性期患者の廃用症状を「非効果的気道浄化」の要因からとらえ、必要な看護が実践できる。

    [基礎]第3回栄養と代謝ケア ~食べたいを支える~

    【研修目標】 嚥下を司る器官・機能の廃用変化と禁食中から食べられる口をつくる重要性が理解できる。

    [基礎]第4回循環と筋骨格ケア ~身体を動かす~

    【研修目標】 急性期患者の廃用症状を「活動不耐」の要因からとらえ必要な看護が実践できる。

    [基礎]第5回呼吸ケア③ ~人工呼吸~

    【研修目標】 陽圧呼吸中の生体反応を理解して、必要な看護が実践できる。
  • 小児看護

    [基礎]小児看護実践プレパレーション

    【研修目標】 子どもの認知発達を踏まえ、プレパレーションの意義やプロセスについて理解し、苦痛を伴う処置やケアを受ける子どもの関わり方に関する知識や技術を身につける。
  • 慢性疾患看護

    [基礎]慢性期疾患と高齢者の嚥下障害

    【研修目標】 慢性期疾患患者、高齢者の嚥下機能をアセスメントするために必要な知識・技術を理解できる。

    [基礎]透析患者への看護の基本

    【研修目標】 病棟看護師が透析患者を担当したときに必要な基礎知識を持つことができる。

    [基礎]糖尿病患者の自己注射導入後の支援

    【研修目標】 糖尿病患者を生活者ととらえ、自己注射導入後の支援を理解できる。

    [基礎]慢性心不全患者の病態と生活指導について

    【研修目標】 心不全患者が退院後、増悪させないための生活指導ができる。
  • 救急看護

    [基礎]「救命の連鎖を学ぶ」①

    【研修目標】 救急患者の生理的変化を理解し、第一印象で急変に気づくことができる。

    [基礎]「救命の連鎖を学ぶ」②

    【研修目標】 急変対応時のピットフォールを知り、安全なチームビルディングにつなげる方法を理解できる。

    [基礎]「救命の連鎖を学ぶ」③ ※新型コロナウイルスの状況、BLS演習再開状況で開催を検討

    【研修目標】 気管挿管、除細動の介助を安全で確実に実践することができる。
    リーダーシップを発揮し、救命の連鎖をつなげる実践を体験できる。
  • 感染管理

    [基礎]標準予防策を学ぼう

    感染対策の基本である標準予防策を実施するために必要な知識と技術を理解できる。

    [応用]経路別予防策を学ぼう

    標準予防策・経路別予防策を踏まえ、患者の状況に応じた感染対策を実施、指導できる。
  • 退院調整

    [アドバンス]退院支援アドバンス研修

    【研修目標】 地域包括ケアシステムにおける特定機能病院の役割や当院の退院支援のしくみを理解し、自身の退院支援能力が向上する。
    退院支援の自部署での課題と対策を検討できる。
    自部署への働きかけや取り組みを継続しながら、病棟での退院支援におけるリーダーシップの困難性や課題を共有し、解決方法を見出すことができる。
  • 専門領域

    専門領域看護師とキャリアを考えよう

    【研修目標】 ジェネラリストナースがキャリアを考えるきっかけとなるよう、専門領域看護師の役割や活動を知る。

専門領域研修参加者の声

専門看護師から直接指導を
受けられるのが魅力

Yさん

様々な治療段階にある患者さんと関わる中で、退院後も医療処置やセルフケアが必要となる場合が多く、入院中から患者さんや家族に指導を行っています。自己学習だけでは足りない知識や技術を学ぶ必要があると考え、院内の専門領域研修に参加しようと思いました。

特にストーマ研修では、ストーマ用品の選択や張り替え時の注意点、予防的なスキンケアを事例から具体的に学ぶことができ、患者指導に活かすことができています。
こうした研修を通して、根拠や専門的知識を学ぶことができるため、自信をもって患者さんへのケアや指導を行う事ができるようになりました。専門看護師から多岐にわたる知識や技術について直接指導を受けられることがこの研修の魅力です。今後も知識や技術の向上を目指し、患者さんに質の高いケアを提供できるように看護師として成長し続けたいと思います。