教育支援体制EDUCATION SYSTEM

看護専門領域研修

看護専門領域の看護師がそれぞれの分野において、院内の全看護師を対象に研修を行っています。ジェネラリスト・ナースとしていかなる領域・対象においても必要な看護を実践できる能力はもちろん、専門分野において高度な看護を実践できる能力を養うことも可能な研修プログラムを計画・実施しています。

看護専門領域研修一覧

  • 皮膚・排泄ケア

    [基礎]第1回褥瘡ケア院内セミナー 褥瘡のでき方・治り方

    【研修目標】 褥瘡ケアが適切に行えるために創傷治癒理論を理解する。

    [基礎]第2回褥瘡ケア院内セミナー 褥瘡ケア

    【研修目標】 褥瘡ケアが適切に行えるために褥瘡の評価方法、予防治癒方法を理解する。

    [基礎]第3回褥瘡ケア院内セミナー 褥瘡の治し方

    【研修目標】 褥瘡ケアを適切に行うために褥瘡の治療方法を理解できる。

    [基礎]第4回褥瘡ケアセミナー リハから見る褥瘡予防栄養管理

    【研修目標】 褥瘡予防のリハビリができるためにポジショニング、移乗方法を理解する。
    褥瘡ケアが適切に行えるために栄養管理方法を理解する。

    [応用]褥瘡ケアフォローアップ研修

    【研修目標】 個々の褥瘡保有者に合わせた適切なケアをするために、様々な状況の褥瘡の評価、対処方法を理解する。

    [基礎]第1回ストーマケア講習

    【研修目標】 ストーマ造設術を受ける患者の周手術期ケアを理解し、統一した術前の看護が提供できる。

    [基礎]第2回ストーマケア講習

    【研修目標】 ストーマ造設術を受ける患者の周手術期ケアを理解し、統一した術後の看護が提供できる。

    [基礎]排尿ケア講習会

    【研修目標】 排尿ケアの基本を理解できる。
  • がん看護

    [基礎]第1回がん看護総論

    【研修目標】 がん看護に必要な基礎知識を理解できる。
    最新トピックス「ゲノム」「AYA世代」を理解する。

    [基礎]第2回がん化学療法看護①

    【研修目標】 がん化学療法を扱う際に身につけるべき知識と技術を知る。

    [基礎]第3回がん化学療法看護②

    【研修目標】 がん化学療法に伴う主な有害事象ケアに関する基礎的な知識と技術を理解する。

    [基礎]第4回SKIP企画 子どもを持つがん患者への支援

    【研修目標】 子どもを持つがん患者に対して、支援のための知識や必要な看護、具体的な声かけについて理解する。

    [基礎]第5回緩和ケア①概論・呼吸困難・鎮静・悪液質

    【研修目標】 がんに伴う身体症状のマネジメントを理解する。

    [基礎]第6回緩和ケア②がん疼痛看護

    【研修目標】 がん疼痛緩和における基本的なアセスメント方法が理解できる。

    [基礎]第7回がんサバイバーシップへの看護支援

    【研修目標】 がんサバイバーシップにおける看護の役割が理解できる。

    [基礎]第8回がんに伴う浮腫とケアの実際

    【研修目標】 がんに伴う浮腫の基礎知識とケア方法を理解する。

    [応用]第1回がん患者とのコミュニケーション

    【研修目標】 患者の感情・思いの表出を促し対応するための基本的コミュニケーションスキルについて
    理解する。

    [応用]第2回がん患者の意思決定支援

    【研修目標】 がん患者の意思決定における看護師の役割について理解する。

    [応用]第3回包括的アセスメント

    【研修目標】 がん患者の苦痛を包括的にアセスメントするために必要な知識・技術について理解できる。
  • 緩和ケアリンクナース

    [アドバンス]第1-5回がん看護研修(基礎)第5〜6回(応用)第1〜3回

    【研修目標】 がんに伴う身体症状のマネジメントを理解する。
    がん疼痛緩和における基本的なアセスメント方法が理解できる。
    患者の感情・思いの表出を促し対応するための基本的コミュニケーションスキルについて理解する。
    がん患者の意思決定における看護師の役割について理解する。
    がん患者の苦痛を包括的にアセスメントするために必要な知識・技術について理解できる。

    [アドバンス]第6回緩和ケア概論、専門家への橋渡し

    【研修目標】 緩和ケアの概要と緩和ケアリンクナースについて求められる役割、専門家への橋渡しについて理解する。

    [アドバンス]第7回緩和ケアチーム同行実務研修

    【研修目標】 緩和ケアチームの役割について理解する。
  • 精神看護

    [基礎]認知症研修 概論

    【研修目標】 認知症とはどんな病気か、その種類や基本的な対応法について理解する。

    [基礎]認知症研修 事例で認知症ケア・倫理について考えよう

    【研修目標】 認知症を持つ患者の事例を通して、ケア方法またその倫理について考えることができる。

    [基礎]認知症研修 認知症患者さんの体験をしよう

    【研修目標】 認知症を持つ患者さんの模擬体験を通して、認知症患者さんの理解を深められる。
  • 精神・重症患者・老人

    [応用]せん妄研修 ロールプレイ

    【研修目標】 ロールプレイをしながらせん妄のアセスメント、ケアを実践できる。

    [応用]せん妄研修 今すぐ使えるせん妄対応

    【研修目標】 コミュニケーション技術による興奮状態への介入法について理解し、ロールプレイを用いた患者体験ができる。
  • 急性期ケア

    [基礎]第1回 急性期ケアのためのフィジカルアセスメント

    【研修目標】 急性期患者の安静臥床による全身への影響を理解し、フィジカルアセスメントができる。

    [基礎]第2回呼吸ケア① ~呼吸を整える~

    【研修目標】 臥床している急性期患者の浅い呼吸の要因から必要な看護が実践できる。

    [基礎]第3回呼吸ケア② ~気道浄化を助ける~

    【研修目標】 急性期患者の廃用症状を「非効果的気道浄化」の要因からとらえ、必要な看護が実践できる。

    [基礎]第4回循環と筋骨格ケア ~身体を動かす~

    【研修目標】 急性期患者の廃用症状を「活動不耐」の要因からとらえ必要な看護が実践できる。

    [基礎]第5回 栄養と代謝ケア ~食べたいを支える~

    【研修目標】 嚥下を司る器官・機能の廃用変化と禁食中から食べられる口をつくる重要性が理解できる。

    [基礎]第6回 呼吸ケア③ ~人工呼吸~

    【研修目標】 陽圧呼吸中の生体反応を理解して、廃用症状を考えて必要な看護が実践できる。
  • 小児看護・新生児集中ケア

    [基礎]小児看護実践①新生児の観察と体温管理

    【研修目標】 新生児(正期産児)の日常生活援助を実践するために、新生児の全身観察と体温に関する基礎知識を理解する

    [基礎]小児看護実践②プレパレーション

    【研修目標】 子どもの認知発達を踏まえ、プレパレーションの意義やプロセスについて理解し、苦痛を伴う処置やケアを受ける子どもの関わり方に関する知識や技術を身につける。

    [基礎]小児看護実践③家族支援・きょうだい支援

    【研修目標】 病気をもつ子どものきょうだいや両親が抱える気持ちや問題を理解し、家族を含めた看護を検討できる。
  • 慢性疾患看護

    [基礎]慢性期疾患と高齢者の嚥下障害

    【研修目標】 慢性期疾患患者、高齢者の嚥下機能をアセスメントするために必要な知識・技術を理解できる。

    [基礎]透析患者への生活支援

    【研修目標】 透析患者の特性を理解できる。

    [基礎]慢性心不全患者の病態と増悪予防のための生活支援

    【研修目標】 心不全患者の病態を理解でき、それに基づいた観察ポイントと異常がわかる。
    慢性心不全患者の増悪予防のためのセルフモニタリングの方法を指導することができる。

    [基礎]糖尿病看護の基礎知識を身につけよう

    【研修目標】 糖尿病の病態と治療・看護について理解し、実践の場で活用できる知識を習得する。
  • 救急看護

    [基礎]「救命の連鎖を学ぶ」①

    【研修目標】 救急患者の生理的変化を理解し、第一印象で急変に気づくことができる。

    [基礎]「救命の連鎖を学ぶ」②

    【研修目標】 気管挿管、除細動の介助を安全で確実に実践することができる。

    [基礎]「救命の連鎖を学ぶ」③

    【研修目標】 リーダーシップを発揮し、救命の連鎖をつなげる実践を体験できる。

    [応用]「急変時の対応」

    【研修目標】 リーダー看護師として、救急急変時に救命の連鎖をつなぎ、チームビルディングを築くことができる。
  • 感染管理

    [基礎]標準予防策を学ぼう

    感染対策の基本である標準予防策を実施するために必要な知識と技術を理解できる。

    [応用]経路別予防策を学ぼう

    標準予防策・経路別予防策を踏まえ、患者の状況に応じた感染対策を実施、指導できる。
  • 退院調整

    [アドバンス]退院支援アドバンス研修

    【研修目標】 地域包括ケアシステムにおける特定機能病院の役割や退院支援のフローを理解し、自部署での退院支援の課題を検討できる。
    自部署の退院支援の課題への働きかけや取り組みを継続しながら、自身の退院支援能力が向上する。
    自部署での退院支援におけるリーダーシップの困難性や課題を共有し、解決方法を見出すことができる。

専門領域研修参加者の声

専門看護師から直接指導を
受けられるのが魅力

Yさん

様々な治療段階にある患者さんと関わる中で、退院後も医療処置やセルフケアが必要となる場合が多く、入院中から患者さんや家族に指導を行っています。自己学習だけでは足りない知識や技術を学ぶ必要があると考え、院内の専門領域研修に参加しようと思いました。

特にストーマ研修では、ストーマ用品の選択や張り替え時の注意点、予防的なスキンケアを事例から具体的に学ぶことができ、患者指導に活かすことができています。
こうした研修を通して、根拠や専門的知識を学ぶことができるため、自信をもって患者さんへのケアや指導を行う事ができるようになりました。専門看護師から多岐にわたる知識や技術について直接指導を受けられることがこの研修の魅力です。今後も知識や技術の向上を目指し、患者さんに質の高いケアを提供できるように看護師として成長し続けたいと思います。